銘柄選びの2つの手法--割安株と成長株

3

読了目安[ 3 分 ]

現在、証券取引所に株を上場している会社(銘柄)は3600あまり。業種はさまざまで、会社の規模も小さいものから大きいものまであります。また、古くから上場している会社が多数ある一方、新しい会社が毎月のように新規上場しています。

このような多種多様な銘柄の中から投資する銘柄を選ぶ手法として広く知られているのが、割安(バリュー)株投資と成長(グロース)株投資です。

バリュー株投資というのは、その会社の本来の価値(バリュー)から見て株価が割安な銘柄に投資する手法です。株価は、業績や利益水準など、会社の本来の価値を反映したものであるはずですが、なんらかの理由で適正な価格より株価が低いままになっているケースがあります。そういう銘柄の株価はやがて適正な水準になると考えられるので、割安なうちに買っておく、という方法です。
割安度を測る指標として使われるのが、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)です。

バリュー株は、株価が上昇して割安感がなくなったときが売り時です。その際も、PERやPBRが参考になります。
バリュー株投資はどちらかというと堅実な方法ですが、その銘柄が他の投資家から注目されることなく、いつまでも割安なままに終わる、という可能性もあります。

会社の成長(グロース)性に着目して投資するのがグロース株投資です。創業からあまり年数がたっておらず今は規模が小さいけれども、高い技術や新しいビジネスモデルなどを持っていて、今後大きく成長しそうな会社を探して投資する手法です。
グロース株を探すには、それぞれの会社の事業内容やビジネスモデルをたんねんに調べる必要があります。
グロース株投資は、その会社が予想どおり大きく成長すれば株価が数十倍になることもありますが、期待どおりに成長しない可能性もあります。また、成長が早すぎて会社の組織の整備が追いつかずに破たんしてしまうというケースもないとはいえず、どちらかというとハイリスク・ハイリターンといえます。

グロース株は会社の成長が止まったときが売り時ですが、その判断はなかなか難しいものがあります。ある程度株価が上がったら、そこでいったん売って利益を確定する必要があるかもしれません。また、株価が予想どおりに上がらなかったとき、それでもまだ成長の余地があるのか、もう成長は期待はできないのかを見極めて、期待できないとわかったら損失が生じるとしてもそこで売却するといった判断が必要になります。

このように、割安株投資と成長株投資は、銘柄の選び方も売り方も異なります。株を買うときは、その銘柄が割安だから買うのか、成長株だから買うのか、を明確にしておくことが大切です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。