もうすぐ食欲の秋!おいしく安く栄養満点のきのこを活用しよう

読了目安[ 2 分 ]

猛暑も一巡し、ようやくキッチンに立つと汗だく……ということのない季節になりました。食欲の秋ともいうくらいですから、美味しい食材も目白押しです。
今回は、価格が安定していて秋が旬のきのこを使った節約レシピの紹介です。

きのこはこんなに優秀な食材だった!

秋の味覚ともよばれるきのこは、カロリーが低いのにビタミンやミネラルなど栄養分がたっぷりと含まれている優秀な食材です。
きのこ類は全般的に便秘をふせぐ食物せんい、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどを多く含んでいます。

種類別に見ると、たとえば、炒め物や炊き込みごはん、すきやきの具などオールマイティに使えるまいたけは、肌荒れを防ぐビタミンB2、お肌の潤いを保つトレハロースをはじめ、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の発生を抑える物質など、お肌によい栄養素ばかり。夏の疲れたお肌をいやすのに最適です。

ほかにも、エリンギには、抽出物に中性脂肪の吸収を抑える働きがあり、えのきやなめこには、肝臓や腎臓の機能を高め、神経の興奮を落ち着けるギャバが多く含まれます。ダイエットや飲み過ぎが気になる男性もきのこはとるべき食材です。

きのこは冷凍保存しよう!

食べ物は冷凍すると味が落ちてしまうというイメージがありますが、きのこは実は冷凍したほうが旨味成分が増えるんです。
安売りのときにまとめて買っておき、石づきを取ってほぐしたきのこを容器やジッパー袋に入れて冷凍保存しておくと、スパゲッティを作るときや炒め物、スープ、卵焼きなど何にでもさくっときのこを加えることができて便利です。

簡単きのこのキッシュ

きのこと、安値安定食材のたまごを使って、簡単キッシュを作ってみましょう。
まず、お好みのきのこの石づきをとり、小房に分けます。しいたけやエリンギは薄切りにします。
玉ねぎをみじん切りにして、きのことともに耐熱容器に入れて電子レンジで3分加熱します。
溶き卵に塩コショウを加え、加熱したきのこに混ぜます。その上にとろけるチーズをのせて、電子レンジで12分加熱してできあがり!

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。