夏の日差しでダメージを受けたお疲れ肌に。秋に向けたお手入れを始めよう!

読了目安[ 2 分 ]

夏の厳しい日差しにさらされたお肌は、想像以上につかれています。涼しくなってきたこのタイミングで、冬の乾燥に向けたお肌のお手入れを始めましょう!
今回は、簡単にできる秋のお肌のお手入れ法を紹介します。

秋の肌は想像以上に乾燥している!

秋は季節の変わり目で天候が安定しないため、お肌にもダメージを与えやすくなっています。
また、夏の日差しを受けた肌は、乾燥しています。そのため、夏が終わり9月10月になってくると、肌からツヤや滑らかさが失われたようなカサカサ感や肌が厚く硬くなったようなゴワゴワ感を感じることも。
これは、紫外線が表皮細胞(角化細胞)に悪影響を与えた結果、起こることです。

また、発汗量や皮脂量が少なくなる秋は、乾燥が起こりやすくなる季節でもあります。
秋のスキンケアで気を付けるべきなのは、乾燥を防ぎ、肌のうるおいを保つことです。
クレンジングや洗顔の後は、化粧水・乳液・クリーム・美容液などで、十分に栄養とうるおいを与え、肌をカバーしてあげましょう。

きのこは美肌に最適な食材

秋の味覚ともいわれるきのこ。きのこは、食物せんいが豊富なことで知られています。お肌を美しく保つには、身体のなかを常にデトックスされた状態に保つことが大切です。毒素を排出するためには、食物せんいを多くとって、お通じをよくしておきましょう。

きのこの中でも特に、たきこみごはん、てんぷら、すきやきなどにオールマイティに活躍するまいたけに含まれるのは、肌荒れを防ぐビタミンB2、お肌の潤いを保つトレハロースをはじめ、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の発生を抑える物質など、お肌によい栄養素ばかり。きのこが美味しくなる季節、積極的にとっていきたい食材です。

安いときにまとめ買いをして、小分けにして冷凍保存しておきましょう。凍ったまま、スープや卵焼き、炒め物などに加えるだけで、手軽にきのこの栄養を取り入れることができますよ。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。