備えあればいつでも安心!ウォーターサーバーのメリット・デメリット

1

読了目安[ 3 分 ]

オフィス、病院などでは当たり前になってきたウォーターサーバー。最近は、家庭でも導入するケースが増えています。
今回は、ウォーターサーバーのメリット・デメリットを見ていきます。

1.ウォーターサーバーのメリット
ウォーターサーバーには、水の宅配会社とのレンタル契約で設置する方式と、ウォーターサーバーを買い取り、水の宅配を依頼する方式があります。設置にかかる費用としては、サーバーを稼働するための電気代のほかに、ウォーターサーバーのレンタル代金とメンテナンス代金、またはウォーターサーバーの設置費用、水の代金、配送代金、解約手数料などがあります。
メリットとしては、安全なミネラルウォーターを自宅で飲めること、宅配してくれるので重たい水を買いにいかずにすむことなど。また、温・冷両方に対応しているサーバーであれば、飲みたいときにすぐにお湯を出すことができるので、赤ちゃんのミルク作りなどにも役立ちます。
また、2011年3月の東日本大震災では、ライフラインである水道が絶たれた地域などでは、スーパーでミネラルウォーターが品切れになる事態が発生しました。ウォーターサーバーで自宅に常に水の買い置きがあれば、こうしたときも安心ですね。

2.ウォーターサーバーのデメリット
デメリットとしては、先にあげた費用がかかることに加え、サーバーを置くスペースが必要なこと、モーターの駆動する音が気になる……などがあります。
さらに、安心・安全のはずのウォーターサーバーなのに、衛生面で問題になるケースがあるようです。
ウォーターサーバーにきちんとしたメンテナンスをしていないことで、雑菌の発生や増殖につながることがあります。たとえば注水口は、アルコール除菌をして常に清潔に保っていなくてはいけません。ウォーターサーバーの注ぎ口から雑菌が侵入した場合、タンクへと続くパイプの中で増殖する恐れがあるのです。こうした管理がきちんとできる、もしくは費用を払ってメンテナンスをしてもらうといった対応が必要になります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。