アベノミクスでおトクなローンはコレだ!

1

読了目安[ 3 分 ]

住宅ローンを組む時、一番悩むのは「金利タイプ」でしょう。
どの金利タイプを選択すべきかは、「経済状況(金利水準)」と「家計の余裕度」で決まります。

まず、経済状況との関わりから見ていきましょう。
おさらいですが、基本的に「景気」と「金利」は連動します。景気が良くなる局面では金利が上昇し、景気が悪くなると金利は低下すると覚えておきましょう。

金利がボトム圏(十分に下がりきってこれ以上は低くならないような状況)にあるときには、低金利の恩恵をできるだけ長く享受するために、「全期間固定型」を選ぶのが賢い選択です。反対に、景気が絶好調で金利水準もピークに達しているときは、金利の下降に伴って返済負担を軽くできる「変動金利型」を選ぶのが有利です。

現在は、アベノミクスにより異次元的にお金をジャブジャブ状態にし、人為的に金利を低く抑えこんでいる状況。一生で二度と遭遇することがないかもしれないほどの超低金利です。このような時期には、フラット35などを利用し、全返済期間を超低金利で固定してしまうのがセオリー。変動金利型や短期の固定期間選択型に比べて金利が高めで、当初の返済額が多くなったとしても、30年、35年といった長期で見れば、お得で安心と言えるでしょう。

金利タイプを選ぶうえで同時に確認したいのは、家計の余裕度です。
これは、将来金利が上昇して、返済額がアップすることに対し、どれくらい耐えられるかを見るものです。
住宅購入後もそれなりに貯蓄が残っている、毎月しっかり貯蓄ができている、子どもの教育費の負担が小さい(あと数年で終わる)、いざとなったら妻が働くことができるなど、金利が上昇しても対応可能であれば、変動金利や短期固定を一部ミックスしてもOKです。複数の金利タイプを組み合わせるミックスプランは、全期間または長期の固定期間選択型で金利上昇リスクを抑えると同時に、金利が早い時期に大きく上昇しなかった場合には、変動または短期の固定期間選択型で低金利のメリットを享受するという一挙両得を狙えます。

逆に、貯蓄や収入が少ない、子どもの教育の負担が大きい(今後増えていく)、いざというときも妻が働きに出られないといった状況であれば、金利が上昇するリスクを避け、借入の全部または大部分を全期間固定型にするほうが無難でしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。