株価チャートの白黒はなにを表すの?

4

読了目安[ 3 分 ]

株式投資では、売買のタイミングを計るより銘柄選びに時間をかけたいもの。とはいえ、どんなによい銘柄でも、実際に買うとなったら株価がどういう状況にあるのかをチェックしなければなりません。

そのためのツールが「株価チャート」です。株価の動きをひと目でわかるようにしたグラフで、証券会社や株式関連のサイトで見ることができます。

株価チャートは、単純な折れ線グラフのこともありますが、上下に線のある白と黒の長方形が並んだグラフもとてもよく使われています。一つ一つの長方形と線で表されたものを「ローソク足」といいます。ローソク足は、ある期間の4つの株価を表しています。

長方形の上の辺と下の辺は、その期間の取引で最初についた株価(始値)と最後についた株価(終値)です。白い長方形(陽線)は、始値より終値のほうが高かった、黒い長方形(陰線)は始値より終値のほうが低かったという意味です。
長方形の上下にある線を「ひげ」といい、その先端がその期間で最も高かった株価(高値)と最も低かった株価(安値)を表します。

ローソク足の意味がわかれば、その期間の株価の動きを読み取ることができます。
例えば、
・ひげのない長い陽線:その期間に株価が大きく上昇して、最も高い株価で取引が終了した
・長方形がなく十文字のようになっている:期間中、株価が上下に動いたが、始値と同じ株価で終わった
・ひげの長い陰線:期間中、株価が大きく上下したが、始値より低い価格になった

という具合です。

ローソク足は、期間が1日の場合を「日足」、1週間の場合を「週足」、1カ月の場合を「月足」といいます。またローソク足の4つの価格(始値・終値・高値・安値)は「4本値」と呼ばれます。

ローソク足は、過去の株価の動きを見るだけでなく、その形から次の期間の株価を予測するのに使われることもあります。その手法はいろいろと研究されているので、興味のある人は株式関連サイトや関連の書籍などで調べてみるとよいでしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。