身近な小物を使って夏を演出!かごバッグの簡単リメイク術

1

読了目安[ 3 分 ]

夏にぴったりのバッグといえば、涼しげなかごバッグ。革製などのバッグに比べて値段もお手頃なので、たくさん持っているという方も多いかもしれません。

クローゼットに、古いかごバッグが眠っているという方はいませんか? 今回は、夏にぴったり、お手軽に安くできるかごバッグのリメイク・アレンジ術です。

1. スカーフアレンジ
いちばん簡単にできるアレンジがこれ! かごバッグの持ち手にかわいいスカーフやハンカチを巻く方法です。持ち手全体にくるくると巻きつけてもよいですし、持ち手の根元にちょうちょ結びにしてもよいでしょう。
かごバッグは、持ち手の材質によっては荷物を入れて持ち歩くあいだに痛くなってしまうこともあるのですが、スカーフをくるくると巻きつけておけば、そんなお悩みも解消できます。

2. モチーフアレンジ
お花の形にくりぬいたカラフルなフェルトやキルトなどを、バランスよくかごバッグの表面に貼り付けていきます。フェルトは、100円ショップでも安く手に入ります。
手芸用の市販のモチーフを買うと高いのですが、手作りなら安くできます。お子さんのバッグにアレンジしてあげても、かわいいですね。
ほかにも、イニシャルの形にくりぬいたフェルトを貼ったり、レースやスパンコールを貼り付けたりしてもかわいくアレンジできます。
モチーフアレンジの場合は、100均でも売っているグル―ガンを使って貼り付けると、丈夫で見た目もきれいにできますよ。

3. ペイントアレンジ
ペイントスプレーを使えば、アレンジも簡単です。ペイントしたくない部分にマスキングテープ(養生テープ)をしてペイントするだけです。乾いたらテープをはがして出来上がりです。モチーフをくりぬいたりすると、違った表情が出てきます。

4. コサージュアレンジ
100均などで買えるかわいいコサージュをつけてみるだけでも素敵です。ピンつきなら刺したり留めたりするだけなので簡単。
ほかに、大ぶりの造花を2のモチーフアレンジと同じ要領で、グル―ガンを使って留めるだけで、華やかになります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。