夏休みの遠出の前に!交通費が安くなるお得乗車券をチェック!

読了目安[ 2 分 ]

夏休みは家族そろって、帰省や旅行などを計画されている方も多いのでは。でも、家族全員ともなると、交通費だけでけっこうかかってしまうもの。今回は、家族での鉄道旅におすすめのお得利用法を紹介します。

1. 回数券を利用する

回数券はひとりで何回も乗らなくても、家族など複数で一度に使うことができます。

枚数も、10枚の値段で11枚つづりという一般的な回数券のほかに、2枚、4枚、6枚タイプなどで、新幹線や特急の回数券もあります。

2. 仲良しの家族と団体割引を使う

JRの団体割引なら、8人から使えます。きっぷの割引率は時期によって変わりますが、10~15%割引で、予約は9ヶ月前から14日前まででき、確実に指定席がとれるので、席がバラバラになってしまったということもありません。

仲良しの4人家族2世帯、例えば同級生やいとこ、兄弟姉妹などが一緒に帰省する、いっしょに旅行をするといった場合に有効です。

3. JRのお得なきっぷを利用する

JR東日本の新幹線や特急列車のお得なきっぷ「えきねっとトクだ値」は、えきねっと会員限定、列車・席数・区間限定、インターネット予約限定のきっぷです。さらに、乗車日13日前までの申し込みで、さらに割引率の高いお得な料金で購入できる「お先にトクだ値」もあります。申し込んだ後は、「えきねっと」表示のある駅の券売機で受け取るだけなので、みどりの窓口で並ぶ必要はありません。

例えば、東京~新青森間の新幹線普通料金は1万7,350円ですが、「お先にトクだ値」(25%引き)なら、1万3010円と4000円以上も節約できます。

このきっぷのよいところは、年末年始だけでなく、お盆の時期、大型連休期間にも使えること。(「お先にトクだ値」は一部設定除外日があります)さらに、1回の申込みで最大6名まで受け付けができます。

夏休みの家族での帰省や旅行にまさにうってつけのきっぷといえます。ただ、遅刻するとすべての乗車券が無効になってしまうので、その点だけはご注意ください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。