暑中見舞いや残暑見舞い!かもめーるをお得に利用してみよう

読了目安[ 2 分 ]

お世話になっている方や、遠方に住んでいる親族などに、残暑見舞いを送ってみてはいかがですか?

最近は、近況報告はメールやチャットアプリ、Facebookなどのソーシャルネットワーキングサイト(SNS)で交わすことがほとんどですが、1年の節目だからこそ、手書きのお便りでごあいさつをするのも良いものです。

今回は、夏のごあいさつを出す時にぴったりのはがきやマナーを紹介します。

1. 残暑見舞いを出す時期

残暑見舞いとは、暦の上では秋なのに、暑さが厳しい時期(8月7日頃の立秋過ぎから8月末)に相手を気遣って出すお便りです。

文章としては、「残暑お見舞い申し上げます」から始まり、「連日の猛暑には閉口しております。皆様はお変わりなくお元気にしていらっしゃいますか。」などと、暑さの中で先方の体調などを気遣う文章と続けるといいでしょう。

2. 残暑見舞いにかもめーるを使ってみよう

かもめーるは、暑中見舞いや残暑見舞い用に日本郵便から発売されるの郵便はがきの一種で、正式名称は「夏のおたより郵便葉書(かもめ~る)」といいます。

夏仕様の絵柄が入っているのとくじ付きなのが人気の理由です。かもめーるは、書き損じても、1枚につき5円の手数料を支払うと、同年に発売されたかもめーるや普通切手、通常のはがき、郵便書簡、レターパック封筒などとの交換が可能です。さらに、余った場合でも手数料を支払えば交換が可能なので、前の年の余りがあれば、手元に残しておかずに交換してしまえばお得です。

3. かもめーるはがきは金券ショップでゲット

かもめーるを郵便局で購入すると、価格は一枚52円です。しかし、金券ショップなら、場所によっては45円程度で購入できるところもあるようです。割引率にすれば1割以上ですので、これを利用しない手はありませんね。

また、こうした割安のかもめーるは、季節のごあいさつ意外に、懸賞に応募する際のはがきとして利用している人も多いようです。大量にはがきを購入するなら、検討してはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。