今からでも間に合う!夏休みの宿題に、体験型学習!

1

読了目安[ 3 分 ]

夏休みの宿題の定番と言えば、自由研究。何をテーマにしようか、毎年親子で頭を悩ませるという方も少なくないかもしれません。今回は、親子で楽しめる「体験学習」を紹介します。自由研究や夏休みの日記のテーマにぴったりの経験になること間違いなしです。

1.無料で楽しい工場見学
最近、親子連れのレジャーとして人気なのが、企業の工場見学です。子どもに人気のパンやお菓子の生産過程が見られるお菓子工場、お醤油などの調味料の工場、パパママが大好きなビールの工場、変わったところでは、消しゴムの工場なんかもあります。もしかしたら大人にとってもよい社会科見学になるかもしれません。

たいていの企業では、事前予約が必要であっても無料で見学できます。それどころか、工場見学限定のおみやげや、試飲・試食ができる場合もあります。工場はだいたい市街から離れたエリアにあるので、ドライブがてらお弁当を持って訪れるのもよいかもしれません。節約派におすすめのレジャーといえます。
また、ただ見学するだけでなく、実際に手で触ったり、製品を作る体験ができるところもあるので、自由研究の課題にもぴったりですね。

2.動物好きのお子さんにぴったりの飼育員体験
夏休みの特別企画として、各地の動物園や水族館では、飼育員体験ができるイベントを開催しています。例えば、夜の水族館に泊まってお仕事の裏側を見たり、イルカのトレーナー体験をしたり。また、動物園でも動物たちの飼育体験を通じて、動物の生態を学ぶことができます。動物好きのお子さんにはぴったりのイベントです。

3.デジタルキッズ向け!プログラミング体験
デジタル世代の子どもたちには、プログラミングを体験できる教室や子供向けにプログラミングを紹介しているウェブサイトもあります。「夏休みはゲームばっかり!」とお小言をいう代わりに、ゲームを実際に作るほうに目を向けさせてみてはいかがでしょうか。
もしかしたら、お子さんは明日のスティーブ・ジョブズになるかもしれません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。