夏、留守番ペットがひんやり過ごすためのコツ大紹介!

1

読了目安[ 3 分 ]

厳しい暑さが続く中、暑さをつらく感じているのは人間だけではありません。家族の一員であるペットもつらいものです。

外出しているあいだに部屋を閉め切っていると、ペットの熱中症が心配です。でも、戸締りをしないのは防犯上心配だし、かといってクーラーをつけっぱなしにしておくのは、電気代が心配……という方も多いでしょう。

今回は、夏場にお留守番をするペットに涼しくすごしてもらうコツをお伝えします。

1. こんなに怖いペットの熱中症

犬や猫は、人間のように全身で汗をかき、体温を下げることができません。呼吸による換気が唯一体温を下げる方法であるため、 体温が高温になるとなかなか下げることができなくなり、熱中症になってしまいます。熱中症になった場合
・呼吸の変化(口を大きく開けて苦しそうに速い呼吸をする)
・体温が高くなる
・食欲不振
・よだれ、けいれん

といった症状が現れます。熱中症が悪化すれば、若くて元気なペットでも死に至ってしまうこともあります。夏場のペットの体調管理には、十分注意が必要です。

2. 風の流れを作るのがポイント

熱中症は、閉めきった暑い室内で起こります。風の流れを作るために、扇風機や換気扇を活用しましょう。
例えば、キッチンやお風呂場、トイレのドアを開けっ放しにして、全ての換気扇をつけておく。これなら、戸締りの心配をせずとも風の流れが作れますね。また、エアコンをつけっぱなしにするよりも、電気代の心配をせずに済みます。

3. 凍らせたペットボトルを活用

2リットルのペットボトルに水をためて、凍らせてタオルを巻きます。床やペットのベッドなどに置いておけば、横になったりして涼むことができます。
2リットルのペットボトルならなかなか溶けないので、夕方までもつ場合も。

4. サマーカットは効果的?

夏場のペットの暑さ対策として、毛を短く刈るサマーカットをすることがあります。しかしこれ、熱中症予防には逆効果なんです。
犬などの被毛は、建物の断熱材と同じく、夏場は暑さをシャットダウンする効果があります。人間の様に汗で体温の調節がスムーズにできない犬は、毛を刈ってしまうと自力で体温調節ができなくなってしまうのです。また、犬の皮膚は紫外線にも弱いので、被毛がなくなると、紫外線をもろに受けてしまいます。
「暑苦しそうだから」と安易に毛を刈るのはやめましょう。

また夏場のエアコン代節約については「夏本番前にチェック!エアコン代が沸騰しないためのチェック項目5つ」「常識がひっくり返る⁉︎ 今から“エアコン代を正しく節約する”方法」を参考にしてください。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。