子供が帰省で帰ってくる!外食を活用した節約できるオススメのお出迎え

1

読了目安[ 3 分 ]

夏休みに子どもたちが帰省してくる! ぜひとも懐かしい家庭の味で迎えたいところですが、連日ともなると、普段のひっそりとした食卓とは勝手がちがい、疲れてしまうという方も多いのでは? 

今回は、子どもの帰省を迎える側として、外食を上手く取り入れてもてなすコツを伝えます。

1. ランチを外食にしよう
真夏の昼間は、キッチンに立つだけでも暑いもの。さっぱりと食べられるそうめんやそば、うどんを作ろうにも、お湯をわかすだけで汗だくです。しかも、帰省中の大人数のために作るとなっては、考えるだけでも目が回ってしまいそうですよね。

そんなときは、ランチを外食にして、外で涼しく食べましょう。
ランチタイムのほうがディナーよりも安上がりなので、一石二鳥です。また、ランチにしっかりしたものを食べておくと、夕飯を軽めにできるので、一石三鳥になるかもしれません。

2. 外食の支払い、誰がする?
家族と言えども、気になるのが帰省中にそろって外食をした場合の支払いの問題です。ネット上の反応を見ると、「遠くから帰省してくるから」「たまにだから」といって実家の両親が支払うケース、「年金暮らしの親に無理はさせられないから」「たまの親孝行だから」と子どもが払うケース、兄弟姉妹がいれば、それぞれの世帯で頭割りにして支払うケースなど、さまざまのようです。
親が子供にやってあげたい気持ちをありがたく頂く場合もあるでしょうし、親にだって余裕がないこともあります。どれが正解でどれが不正解ということはないので、それぞれの家庭に状況に合わせて決めたほうがよいでしょう。
ただ、御馳走になった場合は「ごちそうさま」の一言は忘れないようにしましょう。

3. 支払いはクレジットカードで
外食時に支払う場合は、クレジットカードを使いましょう。大人数の支払いのほうがポイントがたまりますし、カードの種類によっては、ファミレスのレストランなどで優待を受けられる可能性があります。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。