節約疲れのギリシャ!ユーロ離脱はあるか?

1

読了目安[ 3 分 ]

ギリシャは、2010年の債務危機(外国からの借金が返せない事態)の時に国際通貨基金(IMF)などから多額のお金を借りましたが、現在その返済に苦しんでいます。

次々とやってくる債務返済期限を何とかやりくりしてきましたが、ついに7月13日、IMFへの返済を遅らせてしまいました(先進国では初めての事例です)。

結局、EU28カ国の基金EFSM(欧州金融安定メカニズム)からのつなぎ融資を受けて、一先ずしのいでいますが、返済はこれからも続きます。公的年金や公務員給与の削減、増税、公共サービスの削減などが続き、節約疲れから『ユーロから抜け出そうよ!』とする世論も高まっています。

ではユーロ(現在、19カ国が通貨ユーロを使用)からの離脱はあるのでしょうか?
そのメリットとデメリットを見ていきましょう。離脱すると昔の通貨「ドラクマ」に戻りますが、ユーロに比べて交換(両替)条件が極め悪いというのが大方の見方です。

まずメリットですが、ドラクマ安は外国人のギリシャ観光が格安となり魅力が高まります。輸出品(少ないですが衣料、果実など)の競争力も増します。日本人にとっても、アテネのアクロポリスなどの観光や、エーゲ海のクルーズを体験ができる格安ツアーの人気が高まるでしょう。観光産業を起点にギリシャ復活の道も開ける可能性があります。

一方デメリットですが、ユーロ離脱で国民生活の疲弊は深まると思われます。例えば、ギリシャの家計は自動車や住宅のローンを全部ユーロ建てで組んでいますが、返済のためには多額のドラクマが必要です。ドラクマ安が進めば進むほど生活を圧迫します。メリットもありますが、デメリットの心配もあり、決断できないのがギリシャの内情です。

現在のところ、ギリシャはユーロ圏諸国と対立しながらもユーロにとどまっています。それがギリシャにとって国益と判断したわけですが、今後もIMFなどへの借金の返済と窮乏生活は続きます。ギリシャにお金を貸しているユーロ諸国から見ると、人口1100万人のうち、公務員が約100万人(人口の約1割、働いている人の数からすると25%)といったギリシャの状態などをこのまま放置できるものでもありません。

次の借金返済のヤマ場は8、9月です。再びユーロ離脱問題が浮上する可能性がありますので今後とも注意が必要です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。