ブレーカー落とすと電気代いくら節約?留守や休暇の帰省時はどうする?

読了目安[ 5 分 ]

お盆やお正月などの長期休暇で実家に帰省したり、旅行で長く家を留守にする場合に気になることの1つが電気代です。

最近は、待機電力の少ない省エネ家電も増えていますが、それでも家にいないときに電気料金がかかっていると考えると、もったいなく感じてしまいます。

ここで「ブレーカーを落として、電気を止めちゃえば良いんじゃない?」と考える人もいるかもしれませんが、本当にブレーカーを落としてしまって良いのでしょうか。

今回は、お盆やお正月などで家を留守にする際、電気のブレーカーを落とすと電気代を節約できるのかについてお話します。

ブレーカーを落とす理由は待機電力をなくすため

節電のためにブレーカーを落とすのは、待機電力(待機時消費電力)をゼロにするためです。

待機電力とは、家電製品の電源が切れている状態でも、コンセントにプラグが接続されていることで消費される電力のことです。

出典|家庭のエネルギー消費の実態 | 一般向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

ちなみに、省エネルギーセンターの調査によると、平成24年度の家庭の消費電力量は世帯あたり4432kwh/年で、そのうちの待機電力は228kwh/年、つまり全体の5.1%が待機電力ということになります。

出典|家庭のエネルギー消費の実態 | 一般向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

待機電力量は、家電製品の種類で異なりますが、家電製品によってはほぼ待機電力を必要としないものもあります。特に日本製の家電製品は、消費電力だけでなく待機電力も低く、待機電力は年々減少傾向にあります。

本当にブレーカーを落としても良い?

節電のためにブレーカーを落とす行為は、根本の電力供給をストップすることなので、ブレーカーが落ちている間は待機電力がゼロになります。つまり、節電の効果があるということです。

ただし、本当にブレーカーを落とす場合は色々と注意が必要です。

注意点1.電気で動くセキュリティも止まる

もし、仮に家にいない間に泥棒が入ったら……また、何かが原因でガス漏れ、水漏れが起こったら……ブレーカーを落とすと、それらを検知するセキュリティサービスの機能が働かなくなってしまいます。

注意点2.冷蔵庫は中身の調節が必要

ブレーカーを落とすと、冷蔵庫も止まります。もしうっかり食品類が残ったままだと、帰ってきてびっくり……ということにもなりかねません。

食品を無駄にしたり、片付けが必要になると、節約するつもりが余計ななコストがかかってしまいます。

注意点3.家電製品の故障原因になる

主電源をオンにしたままブレーカーを落としてしまうと、家電製品の故障原因になってしまう場合があります。

もちろん日本製の家電製品は優秀ですし、何万回もテストを行っていますが、それでも何が原因で故障がおきてしまうかはわかりません。もちろん、たくさんある全ての家電製品の全ての部品が日本製というわけでもありません。

ブレーカー以外の節電方法

では、ブレーカーを落とす以外で、待機電力を減らすにはどうすれば良いでしょうか。

1.家電製品の主電源をオフ

最も簡単な方法は、使っていない家電製品の主電源をオフにすることです。

ただし、電源をいれるときに電気を多く使う冷蔵庫、エアコン、テレビなどは少しの外出であれば付けっぱなしの方が電力量は少なくなると言います(種類・製造年による)。

2.コンセントからプラグを抜く

たとえ主電源が入っていなくても、家電製品のプラグがつながっているだけで電気は消費されます。そのため、長期間使わない家電はコンセントに挿しっぱなしにせずに、コンセントから抜いてしまうにしましょう。

3.電源タップを使用する

もし、毎回主電源をオフにしたり、プラグをコンセントから抜くことが面倒であれば、集中スイッチが付いた電源タップを購入して、なるべく用途ごとにまとめて電化製品をつなぐようにしましょう。

主電源オフとプラグを抜く効果は

家電製品の主電源オフにする方法、コンセントからプラグを抜く方法でどれくらい節電の効果があるのでしょうか。

出典|家庭のエネルギー消費の実態 | 一般向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト

省エネルギーセンターの発表では、全く対策をしない場合に比べて、主電源オフでは約20%の待機電力の削減、プラグを抜くと約50%の待機電力の削減につながるとしています。

電力会社、契約アンペア数、電力使用量によって1kWhあたりの電気料金は異なりますが、仮に30A契約だとすると20円前後/kWhほどでしょう。

(228kWh-116kWh)×20円=2240円

もし、待機電力が半分ではなくゼロにできれば、1年間で4000円以上節約できるということになります。これを多いと見るか少ないと見るかは、人によって異なるでしょう。

節電対策の費用対効果

さて、ブレーカーを落とす行為にはリスクもありますが、節電効果があることもわかりました。

個人的には、節電のためにセキュリティ面のリスクや家電製品の故障リスクを考えるならば、家電製品の主電源を切ったり、コンセントを抜く方法をおすすめします。

ただし、家電製品によっては、プラグを抜くことで時間の設定をやり直す必要があったり、その他の便利機能が働かなくなるなど、不便なことも増えるはずです。

前述した通り、日本の家電製品は世界でも待機電力が低く、さらに今後も高まっていくことが期待できます。

生活の利便性が高まる機能や万が一のときのセキュリティ機能をなしにしてまで、1年間2000円-4000円を節約したいのか、その費用と効果はどちらに価値があるのかは、みなさんが考えてみてください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。