賃貸住宅を借りるときに加入する賃借人用火災保険とは

読了目安[ 3 分 ]

現在賃貸住宅に住んでいる人は、家を借りる時に、火災保険の加入も勧められたと思います。近年では火災保険の加入は義務化されているのが一般的でしょう。

賃貸の契約時には、家賃の振込日についてや、退去時の精算方法、重要事項の説明などもあり、更には引越しの段取りも考えなければならず、保険のことについては、どのような内容なのかまで、チェックしていないのではないでしょうか。

折角の機会ですので、万が一に備えて、保険証券片手に補償内容を確認してみてください。

賃借人用の火災保険とは

賃貸の場合、建物は大家さんのものですから、大家さんが建物に火災保険を掛けています。

自分が掛けている保険は大家さんの火災保険とは異なり、火災保険と一言で言っても「家財保険」と言われる、自分の家財を補償する保険と、他人へ損害を与えた場合を補償する「賠償責任保険」の部分がセットになった保険です。

種類 補償されるケース
家財保険 事故による家財被害
借家人賠償責任保険 大家さんに対して、火災・破裂・爆発、水濡れによって損害を与えた場合
個人賠償責任保険 日常生活で他人の身体・財物に存在を与えた場合
※ 補償範囲は保険により異なります。

1.家財保険について

家財保険は、火災による被害ばかりでなく、水漏れ・盗難など広範囲にカバーしてくれます。例えば洗濯機置き場で水漏れが起こった場合、床の張り替え・片づけ費用などであっという間に100万円程度の費用が掛かりますので、入っておくと助かります。

ただし、すべての家財が対象となるわけではなく、高額な貴金属、現金などは制限があったり対象外となります。

[保険対象外の一例]

  • 1組30万円以上の貴金属
  • 通貨・クレジットカード類
  • 自動車
  • 動物
  • 植物

詳しくは保険ごとに異なりますので、ご自身の証券で確認してください。

2.借家人賠償責任保険について

家財保険は自身の持ち物に対しての保険となりますが、借家人賠償責任保険は大家さんに対しての賠償のための保険になります。

借家人賠償責任保険は、例えば自分が起こした火災事故が原因で、部屋を使えなくしてしまった場合、元通りに修復する費用を補償してくれます。

本来、賃貸の契約終了時には、部屋(家)を元に戻して返す契約になっていますので、必ず加入しておいた方が良いでしょう。

3.個人賠償責任保険について

個人賠償責任保険は、水漏れによる下階の住人へ損害を与えた場合、ベランダからものを落として通行人にけがをさせた場合などはもちろんですが、子供が友達の家のテレビを壊したなど、日常生活で誰かに損害を与えた場合すべてが含まれます。

個人賠償責任保険については、こちらもご参考ください。
参考|個人賠償責任保険とは?万が一の損害賠償金や弁護士費用に備える

補償金額の決め方

保険料は主に家財保険の補償金額で変わってきます。家財の金額は、それぞれの世帯人数、趣味・嗜好などによって異なりますから、一度自分の家財を見渡して、万が一の時買い替えなければいけないものを洗い出して計算してみましょう。目安としては、独身世帯は約300万円、大人二人と子供一人世帯では約800万円くらいです。

借家人賠責については1,000万円~2,000万円程度、個人賠責は死亡事故につながることもあるので、1,000万円~1億円の範囲で設定されている保険会社がほとんどです。

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。