夏だからこそ!布団の下にすのこを敷いてカビを防ごう!

4

読了目安[ 3 分 ]

じっとり暑い夏。フローリングに布団を直接しいて寝ていると、気付いたら布団がカビだらけ! なんて大惨事になりかねません。そんなとき、対策として有効なのがすのこです。

フローリングに布団を敷いて寝ると、人体から出た水蒸気が布団を通じて集まり、結露してカビが生えます。畳なら適度に湿気を逃がしてくれますが、フローリングにはそういう効果がありません。そこで、布団とフローリングの間にすのこを置くことで、空気の流れるすきまを作り、結露を防いでカビを防止するのです。
昔ながらのすのこではなく、ベッド用に改良した商品も出回っています。今回は、夏に便利なすのこベッドを紹介します。
1.すのこベッドにはこんなにメリットがある
すのこベッドは、布団下の通気を良くして湿気のこもるのを防いでくれます。材質は、一般的にヒノキか桐が多くなっているようです。ヒノキは丈夫で香りがよく、桐は軽さと防虫・調湿効果にすぐれています。
狭い部屋にベッドを置くと、部屋が埋まってしまって使い勝手が悪くなります。布団はたためば広く使えますが、フローリングの洋式の部屋では、布団をしまう押入れがありません。その点、可動式のストッパーがついたすのこベッドなら、ひょいっと手軽に上げ下げできます。そのまま壁際に寄せれば、お掃除もらくらく。ベッドの下にほこりがたまるということもありません。また、そのまま布団を干すこともできます。花粉症の季節に布団を干せるのは嬉しいですね。
2.すのこベッドを使ってもカビが?!
ただ、すのこベッドを使っていても、布団に湿気がたまり、カビがはえた! という例もあるようです。
一定の条件(温度、湿度、栄養)があれば、カビは必ず生えてきます。とくに、高気密・高断熱な現代の家屋や、コンクリート造りのマンションやアパートではその可能性は高まります。その土地の条件や部屋の環境によって、あまりに結露が激しい場合は、すのこベッドに除湿マットを併用してみましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。