暑―い夏に!クーラーのきいた書籍・雑誌が読めるところは図書館だけじゃない!

1

読了目安[ 3 分 ]

2013年の出版販売金額は1兆6823億円となっており、1996年の売り上げをピークにして、9年連続でマイナスで、約63%の水準にまで落ち込んでいます。

特に売り上げの落ち込みが激しいのが雑誌で、16年連続で減少を続けています。
最近は、雑誌を無料で読めるスペースが増えてきました。
今回は、雑誌を無料で読む方法を紹介します。

1.ブックカフェでお茶と欲しい本を品定めする
ゆっくり自分の時間を過ごすことが出来るブックカフェ。店内の本を持ち込んで、ゆっくりとお茶やコーヒーをいただきながら、ほしいものをじっくりと品定めできる店もあります。なかには、お酒を飲める店もあるようです。
飲食代はかかりますが、何冊もの本や雑誌を買うことを考えれば、節約できるともいえます。
なかには、オーナーのセンスで独自の品ぞろえをしたブックカフェもあり、意外な本との出会いも期待できます。

2.美容院で読みたい雑誌をリクエスト
最新の雑誌を無料で読める場所と言えば、美容院は外せません。
美容院で渡される雑誌は、その人の外見や服装などから、年齢層、好みなどを想定して選ばれているといわれます。思っていたのとは違う年齢層向けやカテゴリー向け(と思われる)雑誌を渡されちょっとショックを受けた、という経験がある人もいるかもしれません。
でも、もし読みたい雑誌があれば、リクエストをすることも可能ですし、読み終わったら取り替えてもらうこともできますので、スタッフにリクエストしてみましょう。

3.電子雑誌の無料読み放題サービス
電子雑誌のFujisan.co.jpでは、無料の電子雑誌読み放題サービス「タダ読み」の対象を5000冊まで拡充しています。タダ読みでは、1200誌以上を対象として、1冊まるごと閲覧することができる「タダ読み/まるごと1冊」は1200誌中800誌以上。さらに、その対象のうちの100誌以上が無料閲覧できる号として定期的に更新しています。
わざわざ買いに行かなくてもクーラーの効いた部屋で雑誌の最新号が読めるなんて、便利な時代になりました。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。