【第三回】東京の夜景と言えば?【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム〜】

1

読了目安[ 3 分 ]

「東京の夜景の代名詞と言えばどこですか?」という質問に対し、筆頭で上がってくるのが「東京タワー」ではないでしょうか。

東京タワーがあると一瞬で東京の夜景だと分かるし、こいつがいると安心する。写真を撮る時でもこいつがいれば締まる。そんな安定感のある野郎です。

2012年に大御所スカイツリーも出来ましたが、やはり人気はまだ東京タワーの方に軍配は上がるようです。電波塔としての大きな役目を終わってもまだまだ需要がある。そんな底力のある野郎です。

今回は、東京のど真ん中、浜松町駅内にある、「最も東京タワーが美しく見える展望台」と言われる世界貿易センタービルディングにある「シーサイドトップ」をご紹介します。

色々な夜景愛好家を知っていますが、ここを夜景スポットNO.1に上げる人も少なくないです。それでも何故かあまり知られていない不思議な場所です。

特質すべきポイント
1.周りに邪魔する建物が少ない。
2.360°展望台があるので、お台場や汐留等の東京の名所が丸見え。
3.展望台の人が夜景を綺麗に見せることが出来るか分かっている。展望台そのものは照明を抑えていて、邪魔をしない程度にオシャレなBGMがかかっている。

東京タワー方面は写真を撮りやすいように配慮。夕暮れからはカメラマンが待ち構えています。中にはとんでもない装備のカメラマンもいらっしゃいます。決して邪魔をしないように。

それ以外のスペースには「カップルに座って下さい!」と言わんばかりに2人掛けのソファーが多数置いてあります。たまに訳ありのカップルと思われるもいらっしゃいます。こちらも決して邪魔をしないように。

入場料は一般620円。それだけの価値は必ずあります。場所も浜松町、もしくは大門駅と都心にありますので、デートの締めにいかがでしょうか。
私が自信を持ってお勧めできる場所です。

「そんなに東京タワーがいいのなら、東京タワーそのものに昇ればいいじゃん!」との意見も聞かれます。確かにあそこからの眺めも抜群です。
しかし東京タワー展望台においての最大の欠点は東京タワーそのものが見えない事です。ご注意ください(笑)
(展望台からのスケルトン部分で見えるとおっしゃる方は夜景上級者かつひねくれ者として認定しています。)

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。