株を買ったら株券が受け取れるの?

読了目安[ 2 分 ]

株を買うということはその会社の株主になるということです。株主には、配当を受け取る権利や、株主総会に出席して会社から提案された重要事項について賛否を表明したりする権利などが与えられます。

株券はさまざまな権利の証

そうした権利の証(あかし)となるのが株券でした。株券を持っている人が株主である、ということです。したがって、かつては株を買って株主になると株券が受け取れましたが、現在は受け取ることができません。というのは、上場会社の株券は2009年1月にすべて廃止され、ペーパーレス化されたからです。

では、誰が株主かをどうやって把握しているのでしょうか。

株を管理する証券保管振替機構

銀行でお金を振り込むとき、実際にお金が相手先の銀行口座に入金されるわけではなく、銀行どうしがデータをやりとりしていますね。それと同じように株も、売買のたびに実際に株券を動かすのではなく、誰が株を買って保有しているかというデータを電子化してやりとりする仕組みになっています。それを管理しているのが、「証券保管振替機構(略称:ほふり)」です。

投資家が証券会社を通して売買した株のデータは、証券会社からほふりへ送られ、投資家が買った株はほふりが預かる形になります。ほふりは誰が株主であるかというデータを、その株を発行した会社が決めた権利確定日に発行会社に通知します。発行会社はそれをもとにして「実質株主名簿」を作り、株主に株主総会の案内状や、配当、優待品などを送るというわけです。

株券がペーパーレス化されたことによって、上場会社は株券を印刷したり輸送したりするコストがかからなくなりました。株主にとっても、株券の盗難や紛失という心配がなくなりました。
株券があった時代には株を買ったあと、名義書換という手続きが終わるまで配当の受取や株の売却ができず、会社が合併したときなどは、株券を提出しなければなりませんでしたが、今はそうした手間や時間もかかりません。

株券がペーパーレス化されたとはいえ、タンスのひきだしの奥から株券が出てきた、なんてこともあるかもしれません。こうした「タンス株」であっても、株主としての権利が失われていなければ、株主総会の招集通知や配当金の支払い通知などが送られてきているはずです。ただ、売却するときに時間がかかるので、株券を証券会社に持っていってほふりに預けるとよいでしょう。
タンス株の名義が亡くなった家族のものだと、相続の手続きも必要ですので、株主総会招集通知や配当支払い通知に書かれている「株主名簿管理人」(信託銀行または証券代行会社)に問い合わせてみてください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。