夏のアクティビティー、お得にたのしむ方法まとめ

読了目安[ 2 分 ]

夏本番!お盆休みなどを利用して、どこかへ出かけようと計画している方も多い時期です。

しかし、いまだに日本国内の会社では、お盆時期を一斉に夏休み(お盆休み)としているところも多く、休みが集中しています。その結果、道路は大渋滞、観光地は人であふれ、料金は跳ね上がる……ということが毎年繰り返されています。

そこで今回は、夏休みの旅行やレジャーをお得に楽しむための時期と人数をまとめます。

お得なのはシルバーウィーク後、3連休なら1日ずらすのが吉

夏休み前後に旅行に行く時期で狙い目なのは、「GW終了~海の日の3連休開始まで」か、または「シルバーウィーク~クリスマス前」です。そのうち前者については今年もう終わってしまったので、後者を狙っていくようにしてはいかがでしょうか。

また、夏から秋にかけては、ハッピーマンデー制度で3連休になる週末が多く発生します。シルバーウィークとくっ付けて夏休みをとろうとしている方は、できるなら1日ずらして旅行を計画したほうがお得です。3連休で2泊3日の旅行を行くよりも1日早めに有給をとって出発するだけで、数万円の違いになることも。また、旅行から帰ってきても1日休みがあるので、旅の疲れをいやすことができます。

野外レジャーは大人数が吉

テーマパークのように、1人当たりの入園料が決まっているところは別として、BBQやキャンプなどの野外アクティビティなら、大人数でいくほうが安上がりです。BBQの食材費や、往復のレンタカー代、高速代、ガソリン代、駐車場代なども割り勘で安く済ませられます。テーマパークであっても、クルマ移動であれば同じように大人数のほうが安上がりになります。

もし家族ぐるみで出かけるのであれば、兄弟姉妹や親せき家族、会社の同僚や同級生、ご近所さんや子どもの同級生家族などの中で、似たような家族構成の家庭と一緒にでかけるほうが、より楽しめるようです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。