年間●万円も節約?!定期券は分割購入でオトクになる!

12

読了目安[ 3 分 ]

実は、同じ区間の定期でも、通しで1枚買うよりも、複数枚に分けて購入したほうがオトクになる可能性があるというのはご存知ですか?

今回は、定期券の節約できる購入法として、分割して買う方法を紹介します。ぜひ、お時間のある時に調べてみて下さい。

1.分割購入で月数千円も違う?!

電車の料金は基本的に、距離で決まります。そのため、同じ距離でも、距離を分割することで、運賃体系の枠組みが異なり、同じ区間でも安くなるという不思議なことが起こるのです。

例えば、八王子から東京まで通勤している人の例を見てみましょう。
東京駅〜八王子駅まで、JRの通し定期券の1ヶ月の料金は「2万4,630円」です。しかして、東京駅〜新宿駅、新宿〜八王子駅までと分割して購入のした場合は、なんと「2万1,970円」と、その差は2,660円にもなるのです。これは驚きですよね。

ただし、並行する他社路線に対抗するために「特定区間」を設けていることもあり、どの区間がどのくらい安くなる、というのは一概に言えません。どうやって分割すればどのくらい安くなるのか、というのは煩雑な計算が必要になるので、「乗車券分割プログラム」を提供しているウェブサイトで調べてみましょう。

2.複数枚の定期もSuicaにできる!

定期券を2枚にするときは、Suica定期券にはできないので2枚持ちする必要があるといわれていましたが、JR東日本のウェブサイトによると、分割購入した2枚の磁気定期券でも、条件によっては1枚のSuica定期券にまとめることができるようです。
条件は以下の通りです。

  • 2区間ともJR東日本のSuicaエリアで完結する区間であること(ただしSuica一部対応駅を含まないこと)
  • 定期券有効期間(開始日および終了日)が同一であること
  • 定期券有効区間が各区間の発駅または着駅で接続しており、かつ経路が重複していないこと
  • 2区間とも通勤定期券で、かつ割引種別(無割引の場合を含む)が同一であること
  • 購入者が同一であること
  • 2枚の磁気定期券がいずれも現金で購入されたものであること
  • ※「2区間分割購入のSuica定期券」を新たに(または継続で)購入する場合は、クレジットカードも可能。(JR東日本ウェブサイトより)

ただし、3枚以上の定期券の取扱いはないとのことです。この条件を満たせれば、定期券を2枚持つわずらわしさから解放されますね!

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。