夏場の体調不良、夏風邪・夏バテを節約しながら防ぐ方法!

1

読了目安[ 3 分 ]

夏場の代表的な体調不良には、夏風邪と夏バテがあります。夏場は冬のようにインフルエンザが流行ったりしないから大丈夫……と過信していると、体調を崩してしまうようです。

夏風邪や夏バテで、病院にかかったりすることのないよう、体調は整えたいものです。

今回は、簡単にできる夏風邪と夏バテの予防法についてお伝えします。

1.夏バテには、滋養・栄養をしっかりとる
「夏バテ」という病気はありませんが、暑さからくる全身のだるさと疲労感、食欲不振などの体調不良を総称して、夏バテと呼んでいます。
夏バテは、エアコンの効いた室内と猛暑の屋外を行ったり来たりすることによる自律神経の乱れや、高温多湿の環境下での発汗異常、熱帯夜による睡眠不足などが引き金となって起こります。

対処法としては、まず滋養・栄養のある食べ物を食べて、体力をつけましょう。例えば、夏によく言われている「土用の丑の日にうなぎを食べる」という慣習は夏バテにも効果的なんです。

夏バテを解消するために一番必要なのはビタミンB群、中でもB1,B2は特に有効で、疲労回復、エネルギーの代謝効率を上げるといった効果があります。お肉などに多く含まれるので、食欲がなくてもできるだけ口にしましょう。
また、クエン酸は疲労回復効果があります。もろみ酢やフルーツ酢を水や炭酸水で割ると、夏にぴったりのさわやかな飲み物になります。
クーラーによる冷え過ぎを防ぐには、夏場でも薄着しすぎず、上着や靴下、ひざかけなどで冷えないように工夫することが大切です。
熱帯夜には、氷枕を使ったり、寝具を工夫したりして、できるだけ良質な睡眠がとれるようにしましょう。

2.免疫力アップで夏風邪を防ぐ
夏風邪の特徴は、微熱が続いて身体の倦怠感が強くなり、おなかを壊しやすいことです。冬の風邪と違って、せきはあまり出ないようです。
夏風邪の予防には、免疫力を高めることが有効です。にんにくなどを食べて、免疫力アップを目指しましょう。また、少量の赤ワインにしょうがをまぜたものも、免疫を活性化するようです。
さらに、ウィルスの繁殖をおさえるためにも、夏場もうがい手洗いをし、脱水症状にならないようにこまめに水分を補給しましょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。