都内で家賃助成がある区をピックアップ!

読了目安[ 2 分 ]

東京にずっと住んでいる、もしくはこれから住みたい!という方は必見です。

東京は家賃が高い

東京に住む際にネックとなりやすいのが、高い家賃です。
そこで、今回はあまり知られていない「家賃助成」についてご紹介したいと思います。実は、23区で家賃助成の制度がある区はいくつかありますが、対象としている世帯がそれぞれ違い、高齢者や障害者、一人親世帯を対象としていることも多いのです。今回は、その中でも若者を対象とした助成がある区を紹介したいと思います。

おすすめその1 新宿区

まず、私がもっと早くに知りたかった!とついつい思ってしまった区は、新宿区です。他の多くの区が子育て世代、ファミリー世帯を対象としていることが多い中で、こちらにはなんと学生および勤労単身者向け助成があります。月額は1万円で、最長3年間となります。18歳から28歳までの単身者が、申請を出来るのは珍しいですよね。
毎年秋に募集が行われるようですが、26年度の実績を見てみると、30世帯の募集に対し268世帯が応募したということで、倍率は8.93倍でした。倍率は高いですが、対象年齢の単身者の方は、新宿区での家賃助成を検討されてはいかがでしょうか?

おすすめその2 板橋区

次にお勧めしたい区は、板橋区です。こちらは、結婚予定の方や、結婚後3年以内の新婚世帯の方が対象になります。制度内容としては、区立住宅と支援制度(家賃助成)を申し込み、審査に合格すれば、家賃が最長3年間、月額3万円減額されるというものです。つまり3年間で108万円もお安くなるので、新婚家庭にとっては非常にメリットがあると思います。
ところで、同じく新婚世帯(2年以内)で助成対象となるのが、千代田区です。しかし、こちらは千代田区に5年以上住んでいる親のそばに引っ越してきた世帯が対象ということで、だいぶ応募する側に制限があります。

おすすめその3 ファミリー世帯向け

最後に子育て世帯、ファミリー世帯向けの家賃助成制度がある区をご紹介いたします。金額が高い区は、子どもが多ければ千代田区です。区内転居という条件がありますが、0~18歳までのお子さんが6人いた場合、なんと1年間は月額8万円という金額です。しかし、こちらは最長8年間で、徐々に金額が減ってしまいます。
ところで、子育て世帯向け家賃助成を行っている区は、千代田区のほかに目黒区、豊島区、北区、板橋区、新宿区(27年7月時点)のようです。

少しご紹介しただけでも、区ごとにそれぞれ独自の制度があることがお分かりいただけるかと思います。ぜひ、都内へのお引越しを考えている方は、「家賃助成」を検討してみてください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。