反対意見をする場合には代替案を!【大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第十四回】

1

読了目安[ 3 分 ]

『ぶっちぎり社員育成塾』第14話。

自分と違う意見が出て来た場合、『それを否定するだけのことをしない』

こんにちは。日々、仕事をやってると、「あれっ?」って思うことありますよね。なかったらスゴイです。

人間は個性があるので、どこかで考えが違う。それが前提だと僕は思ってます。

その価値観・考え方の違いをうまく取り合うことが出来ない。そういうチーム、会社は多いと思います。個人レベルでもそうです。

この辺は、心理学的に、もの凄く細かく書けるけど割愛します。が、最低限の考え方があります。

なにか、自分と違う意見が出て来た場合、『それを否定するだけのことをしない』ということです。ここ大事。

何か自分と違った意見が出ると、否定だけをする人がいます。上司でも部下でもいるかも知れない。ただ、それはよろしくない。

ハッキリ言って、否定だけなら幼稚園生でも出来る。何かを達成しようとしてる流れの中で、幼稚園生と同じレベルでは困ります。

僕が経験した『上司』という立場で言ってる部分もあります。経験則は説得力が上がるので・・・・。

ただ、僕が言いたいのは、上司目線で部下に考えを修正して欲しいのではない。ぶっちぎり社員になるあなたには、やって欲しくないんですね。あなたの為に。

どういうことかというと、ぶっりぎり社員を定義してないけど、ぶっりぎりな訳です。(笑)ということは、自分で提案できるようじゃないと話にならないんですね。

仮に、否定の意見が合ってたとしましょう。でも、代替え案がなかったら、否定の意見が無意味になります。代替え案がないから・・・・・。

ということは、時間の無駄になるし、自分の評価も上がらないし、自分の脳の思考レベルも上がらないんですね。全くもって無駄。なので、否定意見だけじゃなくて、代替え案まで言うというのは、自分自身の為にやった方が良いことなんですね。

もし、今まで否定意見だけしちゃってた場合は、今日から代替え案も提案するようにしましょう。そうすれば、周囲からの見方も変わるし、自分自身の実力も上がります。頑張って、代替え案を考えましょうね。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。