夏の駐車場、時間とお金を節約して快適に過ごす方法

読了目安[ 2 分 ]

夏休みには、イベントやレジャーで車を利用する方も多いと思います。その時に困るのが「駐車場代」ですよね。その都度数百円のお金をかけたり、あるいは出先で駐車場を探して時間をロスしてしまったりとストレスが溜まりやすいと思います。

そこで、この記事では駐車場に関する「時間」と「お金」を節約する方法をご紹介します。

事前予約で時間を節約する

まずは「時間」の節約方法です。空いている駐車場をその都度探すのはとてもストレスの溜まるものです。そこで、目的地近隣の駐車場を事前予約するのはいかがでしょうか?

「軒先パーキング」や「akippa」などのサービスを利用すると、事前に駐車場を予約することができるのです。
行きたい場所を検索して、予約したい駐車場を選択。クレジットカードで支払いをするだけです。
東京ドームを起点に検索してみたところ、「akippa」の方が近隣駐車場の数は少なかったものの、同サービスでは、個人の駐車場や空き地の時間貸しなども募集しているため、今後増えていく可能性が高いです。

商品券を使って駐車場代をお得に

百貨店などでは、買い上げ金額によって数時間の駐車料金無料サービスがあります。一般的には「2,000円」がボーダーラインになっているようです。

そこで、百貨店等の駐車場を利用し、目的地に行く前に一度サービスカウンターで商品券を購入します。それをそのまま利用しても良いですし、ちょっとしたお礼などのストックとして置いておいたり、すぐに金券ショップに売るなど色々な使い道があります。
初期費用がかかるものの、「必要なもの」に投資することで回収できる方法です。

ただし、都内の百貨店では近隣へのちょっとした買い物程度にしか利用できないかもしれません。たとえば三越や松屋(いずれも銀座店)の駐車料金を調べてみたところ、2,000円以上の買い物で1時間無料とのことです。
あらかじめ、「買い上げ金額がいくらで何時間まで無料なのか」「サービスカウンターはどこにあるのか」この2点を確認しておくことがポイントです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。