資産運用に関心ありの方におすすめ!ビジネスニュースを無料で収集する方法

1

読了目安[ 3 分 ]

一昔前は、「社会に出るなら新聞を読もう!」なんて言われたものですが、最近では通勤電車の中で新聞を読んでいる人はめっきり少なくなりました。

ただ、ビジネスの場面などで新聞を情報にした話題が出てくることは少なくないものです。とはいえ、新聞を毎日購読すると月に3000~4000円かかり、節約派には少なくない出費です。

特に、ビジネス情報が豊富な日経新聞朝刊をキオスクで購入すると1部160円、夕刊で70円。30日買うと230円×30日=6,990円となります。日経新聞を定期購読して、配達してもらうと1ヶ月で4,509円もかかります。また、紙で配達されても、持ち歩きにくかったり、まとめて読んでいる時間がなかったり、捨てにくいといった悩みもあるかもしれません。

そこで、今回は日経新聞をもとにしたビジネスに使えるニュースを、新聞代を節約しながら収集する方法を紹介します。

1. 証券会社と契約する
日経新聞には、「日経テレコン」という日経新聞各紙(本紙、MJ、産業新聞、同社で発行している雑誌など)の過去記事を読めるサービスがあります。これは、日経新聞電子版とは別のものです。
楽天証券などの証券会社では、口座を開設している人へのサービスとして、従来は基本料金8,000円有料サービスであるこの日経テレコンを無料で閲覧できるようになっています。

株式売買などを行っている人は、こうして無料で日々の経済情報を得ることができます。節約するだけでなく、「増やす」ことにも関心がある方には、おすすめの方法です。

2. キュレーションアプリを使う
日々のニュースの中から、選りすぐりのものを選んで配信してくれるキュレーションアプリや、キュレーションサイト、まとめサイトなど、最近ネット上に乱立していますね。

最近、日経新聞でも公式のニュースキュレーションアプリが登場しました。日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、NIKKEI ASIAN REVIEW、日経ヴェリタスの5媒体から、土日を除く毎日、「ビジネス戦略ナビ」「ヒット&トレンド 」「知りたい!アジア 」「英語で聴くNIKKEI」の4つのチャンネルから、プロが選んだ8本(「英語で聴くNIKKEI」のみ5本)が配信されるというもの。プロの目で厳選した注目ニュースですから、やみくもに新聞を読むより、さくっと重要ニュースを把握できおすすめです。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。