お盆時期の同窓会は半数が「行きやすい」!お得に同級生と集まろう!

読了目安[ 2 分 ]

お盆に地元へ帰省するにあたり、同級生との同窓会を恒例にしている人も多いのではないでしょうか。
同窓会というほどおおげさなものでなくても、気の合う同級生同士、飲み会をする方は多いでしょう。

同窓会はお盆開催が集まりやすい?

同窓会代行サービスの笑屋のアンケート調査によると、同窓会のお盆開催に関して、調査対象者1192人の約半数にあたる550人が「参加しやすかった」と答えています。
それだけ、お盆時期に地元に帰っている人が多いという表れでしょう。
ただ、同じく半数は「お盆は地元に帰らない」「仕事が休みでない」という理由で、「お盆の同窓会参加は難しい」とも答えています。
ただ、こういう人も、地元でなく現在の仕事・住居のベースである都市部であれば、同級生の集まりに参加できるのではないでしょうか。
お盆は休みをとっている取引先も多いので、いつもは夜遅くまで働いているという人も、宴会に参加しやすいかもしれませんね。

今回は、お盆に同窓会や同級生の集まりを開催する人向けの、節約できる楽しみ方を紹介します。

居酒屋の特別メニューを狙った同窓会

いまだに、日本ではお盆時期を夏季休業としている企業が多くあります。
都市部のビジネス街などを中心に、居酒屋は客足が鈍るため、特別メニューを実施する店もあるようです。
例えば、飲み放題つきコース20%OFFや、大人数の宴会の割引など。
店内も込み合っていないので、居酒屋で飲み会をするならねらい目の時期といえます。

実家で家飲み同窓会をする

地元で同級生と会うなら、実家で家飲みをおすすめします。
お店で飲むよりも家飲みのほうが安上がりなのは、節約派なら常識ですよね。
都会の自宅では、スペースの問題で人を呼ぶのが難しかったという人でも、実家なら広々。
飲み物やおつまみは近くの店で買ったり、かんたんなものを用意したりして、同級生を実家に呼びましょう。
普段は広い家に二人きりで暮らしているご両親も、子どもたちの友人が集まってにぎやかになれば、昔を思い出して喜ぶかもしれません。
思い出話に花が咲くこと、まちがいなしです。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。