8月10日は「焼き鳥の日」。鮒忠が感謝を込めて国産炭火焼焼き鳥1本10円で!

1

読了目安[ 2 分 ]

今では庶民の味としてすっかりおなじみの焼き鳥だが、もとは鮒忠(ふなちゅう)創業者根本忠雄氏が昭和20年初めに当時は高級料理だった焼き鳥を、庶民的価格で提供したのが始まり。だれもが楽しめる、おいしい焼き鳥は戦後の日本の復興とともに大ブームとなった。

鮒忠では、『焼き鳥の父』と呼ばれた創業者の思いに立ち返って、 平成17年より『8月10日を焼き鳥の日』と制定し、当日は≪感謝の10円焼き鳥≫を売り切れ御免で、 1000本限定販売する。

今年で9回目のイベントになる。鮒忠の焼き鳥は国産地鶏だけを使用し、熟練の職人が炭火で焼き上げる本格的なもの。1本200円~600円と庶民の味といいつつ、かなり焼き鳥としては高級感が漂う。それが1本10円で食べられるのだから、これほどオトクなことはない!しかも、売上金は全額東日本東日本復興チャリティーとして寄付されるという。美味しい焼き鳥を食べて、おまけに寄付もできるという、Wでオトクな「焼き鳥の日」。鮒忠に急げ!

イベント概要:
■8月10日(月)15~ 各店1000本限定で売り切れ次第終了
*開始前12時ころから並びはじめ、 100~150人の行列
鮒忠(ふなちゅう)
浅草本店 :東京都台東区浅草5-30-9 TEL:03-3875-5008
神楽坂店 :東京都新宿区神楽坂5-34-1 TEL.03-3260-6323
亀有店 :東京都葛飾区亀有3-22-1 TEL.03-3602-1202

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。