大型品の購入時期は計画的に!家具が安くなる3つの買い時

読了目安[ 4 分 ]

IOTなどの家電とインターネットの融合など、家電の世界的な進化もあり、家庭では今のところ家電の買い替え需要が続いています。家電量販店業界も一時期の落ち込みからは回復傾向にあるようです。

出典|家電量販店業界のランキング、動向、現状等-業界動向サーチ

家電には目新しい技術が組み込まれることもあり、ある程度高価でも買い替えに抵抗がない人がいることは予想できます。では、通常の家具になるとどうでしょうか。

もちろん、家具にも多くのファンがいますが、家具は家電とは違い良いものを長く使うファンが多いため、家具を買い替えるとなると、家電を買い換えるよりも心理的な抵抗が強いかもしれません。

家具購入で最も多い理由は、引越しや新築に合わせて必要に迫られるからですが、緊急で必要に迫られての購入ではない場合、できれば安く買い換えたいところです。

そこで今回は、家具を買い換えるために知っておきたい「家具が安くなる時期」についてお話したいと思います。

家具が安くなる時期1.決算時期

家具店によって異なりますが、日本の多くの企業は3月に決算、9月に中間決算があります。

家具店にとってそれぞれの決算時期は、業績の見直しのため少しでも売り上げを上げたい時期です。そのため、決算時期の前はどの家具店も通常より家具の価格を下げ、顧客の購買意欲を高める努力をします。

また、在庫の整理をするための棚卸しも重なるため、来期に向けた型落ち品はより安くなる傾向があります。

さらに、この時期はアパレルやデパートなど他の業種でもいっせいに夏物、冬物のセールを行う時期です。業界は違いますが、私たちが使えるお金には上限があるため、他の業種が盛り上がるほど家具業界でも頑張って価格競争をしてくるはずです。

これらのことから、決算前の2月、また8月は家具が安くなる時期として、良く知られています。

家具が安くなる時期2.カタログ入れ替え時期

家具は、一般的に引っ越し需要が高い春先、もしくはクリスマスなど年末商戦前の秋ごろに、新商品を投入する家具メーカーが多いようです。

つまり、旧モデルの製品と新モデルの製品の入れ替えのタイミングです。もちろんモデルが変わるため、カタログも変わります。

そのため、家具メーカーもカタログの入れ替えに合わせて、型落ちとなる在庫品は確実に売ってしまいたい気持ちがあります。

もちろん、在庫品のため、デザインや新しい機能にこだわってしまうと購入できないのですが、前述の決算セールと併せて、やはり8月から9月にかけては家具を安く購入する狙い目と言えますね。

家具が安くなる時期3.新生活シーズン後

4月の新生活シーズンを見越した3月から4月の前半は家具が高くなる傾向がありますが、その時期をすぎると家具メーカーによっては、安売りをしだす家具店もあります。

3月から「新生活応援セール」などと銘打ったセールを行うこともありますが、3月、4月は基本的には値引きしなくても「必要だから」という理由で買ってくれるお客さんが多く集まる時期です。

そのため、緊急性のない家具であれば、不便かもしれませんが5月ごろまで少し待ってから購入した方が安く買える可能性は高くなるでしょう。

結局いつが最も家具を安く購入できるか

さて、家具が安く買える3つの時期をご紹介しましたが、まとめると以下の通りです。

・決算時期|2月、8月
・カタログ入れ替え時期|8月から9月
・新生活シーズン後|5月ごろ

もちろん、家具店によってはこれらの時期が全く関係がない場合もあるため、こまめに市場価格をチェックすると値下げの傾向が見えてくるでしょう。

家具は品質にこだわらなければ、全国チェーンの量販店で常に安く売られていますし、今はインターネットを使えば全国どこのお店の家具でも買うことができます。

そのため、家具のブランドや品質にこだわりがない人であれば、そちらを利用することをおすすめします。

また、店頭でチェックをしてインターネットから購入するという人も多いはずです。どちらにしても、多くの情報を持っておく方がよりお得なお買い物ができるようになるため、ある程度の努力は必要と言えるでしょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。