洗濯だけでもうへとへと……夏を乗り切る効果的な洗濯術

1

読了目安[ 3 分 ]

暑さも本番。汗をかきやすい小さいお子さんのいるご家庭など、「一日中洗濯機を回しても回しても追いつかない!」と悲鳴を上げているお母さんもいるのでは。

メーカーによって異なりますが、最新の機種であれば1回洗濯機を回すために使う電気代はおよそ1.7円。電気代だけだとたいしたことがないように思いますが、水道代は20円程度。夏場に毎日1日3回洗濯するとすると、1カ月で600円ほどかかっていることになります。

今回は、夏場の効率的な洗濯術を紹介します。

1. 時短コースを利用する
夏場は、汗をかいたらすぐに着替えてしまうので、それほど長時間着ていない服が多いのではないでしょうか。そうしたものの洗濯には、洗濯機の「お急ぎコース」「すすぎ1回コース」「30分コース」などの、時短コースを選びましょう。がんこな汚れでなければ、ささっと洗濯できます。
時短コースだと、きちんとすすげているか心配という方もいるかもしれません。そうした場合は、洗剤をいつもの半分まで減らしてしまいましょう。汚れの60%は、実は水だけで落ちるといわれています。

2. がんこな汚れはクエン酸で洗う
大量の汗や皮脂汚れが気になる場合は、クエン酸を使って予洗いします。クエン酸は、100円ショップなどで購入できます。
洗濯機でお洗濯を始める前に、汚れの気になる衣料は、クエン酸を溶かした水で洗っておきます。そして脱水したら、いつもの半分の洗剤を入れて、洗濯機でお洗濯します。
クエン酸が、夏の大量の汗や泥汚れに含まれるミネラル(アルカリ性)を中和して、黄ばみやニオイを防いでくれます。

3. スーツのクリーニングの頻度
最近はクールビズスタイルの浸透で、夏場にスーツを着なければならない職場は減りつつありますが、仕事柄どうしても必要という方もいますよね。
夏場にスーツをクリーニングに出す頻度は、2~3着で着回している場合は1週間に1回、5~6着なら1カ月に1回程度でよいようです。
できるだけ長持ちさせるために、日ごろからブラシで汚れを落とすなどの手入れをすることが大切です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。