暑い夏の夜でもクーラーいらず!快眠グッズで節約ワザ

2

読了目安[ 3 分 ]

暑さもいよいよ本番。今年の夏も暑いようです。暑くて寝苦しい夜が続きますが、節約派としてはクーラーをつけっぱなしにすると、あとあと請求書を見て後悔……なんてことになりかねません。

今回は、安くてお手軽に試せる氷枕やアイスパットなど、クーラーいらずの快眠グッズや夏場に快適に眠る方法について紹介します。

1. ぬるめのシャワーをあびる
寝る前に、ぬるめのシャワーを浴びましょう。さっぱりして眠りやすくなります。暑いからといって、冷たい水でシャワーを浴びたくなりますが、そこはがまん。冷たい水だと汗腺が閉じてしまい、体内の熱を排出しにくくなり、逆効果です。

2. 保冷剤を用意する
生ものやケーキを買ったときなどにもらえる保冷剤は捨てずに、冷凍庫で通らしておきましょう。寝苦しい夜は、保冷剤をタオルで巻き、血管が集まっている首筋や脇、足の裏などに当てます。保冷剤は直接肌にふれさせず、すぐに冷たさを感じないくらいまで、きちんとタオルで巻いてから使ってください。また、お腹にのせるとお腹が冷えてしまうのでさけましょう。
保冷剤がない場合はぬらしたおしぼりをいくつか冷蔵庫で冷やしておき、同じように首筋や脇、足の裏などを冷やすのも効果的です。

3. 頭を冷やす
昔から言われているように、頭を冷やすことで全身の熱が排出されやすくなります。アイスノンや氷枕、熱さまシートなどで頭を冷やすようにしましょう。
また、枕はそばがら素材、パイプ・ストロー素材、羽根・フェザー素材などが通気性がよく、熱がこもりにくくなります。

4. 寝具を変える
本格的に熱帯夜対策をしたいのであれば、寝具を夏用に変えましょう。最近では、触れると冷やっと感じる冷感素材を使ったものや、冷却ジェルが詰まったもの、竹や麻などの天然素材でできたものなどが出ています。値段は本格的なものからさまざまですが、大手スーパーのプライベートブランドからは、比較的手ごろな値段で夏の快眠のための涼しい寝具が発売されています。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。