夏のボーナスでまとめ買い!定期は6カ月間で購入すべし

読了目安[ 3 分 ]

毎日使う通勤電車の定期券。長い期間で買えば買うほどお得になります。会社から交通費が支給されるとしても、6カ月分をまとめて前払いするのは、キャッシュフロー的にちょっとツライかもしれません。

そういう人は、夏のボーナスで手元に現金があるうちに、まとめて買ってしまいましょう。

1.定期券は長期間で購入した方がよりオトクに

JR横浜駅からJR東京駅まで通勤している人が、定期券を買うとします。その場合、定期代は1か月13,550円、3か月38,610円、6か月65,020円になります。1年間1ヶ月定期を買い続けた場合と比べると、3ヶ月定期なら8,160円(約5%)オトクに、6ヶ月定期ならさらに32,560円(約20%)オトクになります。
ただ、6カ月定期を紛失するとダメージが大きいので、その点はよくよくご注意ください。

2.クレカ払いなら、ボーナス払いが選択できる
ボーナスでまとめ買いしたくても、定期の有効期限と、ボーナスの支給時期が同じになるとは限りませんよね。そんな場合は、クレジットカードで支払いをして、ボーナス一括払いを選択しましょう。
ただし、その場合は支払方法をあらかじめ変更しておく必要があります。
例えば、JR東日本のビューカード(VIEWカード)なら、
1.定期券を購入し、クレジットカードで支払い
2.VIEWカード公式サイトから、VIEW's NETにログイン
3.支払い方法を変更する
という手順だけで出来ます。これで1回払いだった定期券代を、ボーナス払いに変更可能です。また、リボ払いにすると金利手数料がかかりますが、2回払いならこれらが必要ありません。

3.ビュースイカカードならオトク
JR東日本グループの、電子マネー「Suica」と一体型になったビュースイカカードなら、JR東日本のきっぷ・定期券購入・Suicaチャージでポイントが1.5%還元されます。
ビュースイカカードは年会費が477円+税かかりますが、利用明細書の郵送を停止して、Web明細に変更するだけで、カード利用のある月は20ポイント(50円相当)をもらえます。そのため、Suicaチャージを含めカード利用のある月が年間10回以上ある方なら、「ビュー・スイカ」カードは、実質的に年会費が無料で使えます。

おすすめ記事


コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。