預金よりもお得な預け先、個人向け国債!

3

読了目安[ 3 分 ]

誰もが保有している銀行預金。そこに預けてあるお金って何に使われていると思いますか?
住宅ローンや企業への融資に使われているのはよく知られていますね。他には、国債への投資にも使われています。つまり、銀行が皆さんから預かったお金で国債に投資をしているのです。

実は、私たち個人も直接国債に投資することができます。預金として銀行に預けておくよりも、直接自分で国債に投資した方が、もらえる利息も多くなります。

銀行預金は、お金を銀行に預けて利息を受け取る金融商品です。一方で、国債は国にお金を預けて利子を受け取る商品になります。
銀行預金と国債への投資は非常によく似た仕組みになっているのです。

国債にも様々な種類があります。その中で、投資に慣れていない個人にも取り組みやすいのが、「個人向け国債」です。1年以上預ければ、途中で換金しても損をしない仕組みになっています。

個人向け国債にも、3つの種類があります。期間3年と5年の固定金利型と期間10年の変動金利型です。固定型は、最初に約束された金利が満期まで適用されます。現在のような低金利環境では、ずっと低い利子しかもらえません。一方で、変動金利型であれば、今後金利が上昇してくると、それに応じて受け取れる利子も増えていくことになります。従って、現在の金利環境では、期間10年の変動金利型がおススメです。

それでは、「個人向け国債10年変動金利型」の特徴を確認していきましょう。

1.安全
日本の財政が破綻しない限り、満期日の元本返済も半年ごとの利子の支払いも国が保証してくれます。直前2回分の受け取った利子を返すことでいつ換金しても、損をすることはありません。

2.1万円からいつでも
手軽に、証券街会社や銀行、郵便局で購入できます。

3.1年経過すると、いつでもやめられます。
額面1万円単位で中途換金が可能なため、急にお金が必要になっても必要な分だけ換金すればいいので安心です。

4.金利が上がれば受取利子も増える
今後予想される物価上昇の際にも、景気の回復が伴う物価上昇であれば、金利も上昇することが想定されます。適用される利率も半年ごとに見直しされるので、今後受け取れる利子が増えていく可能性もあります。

教育資金など使用目的が決まっているお金や急な入用に備えてただ預けてあるお金など、すぐには使わないけれども、減らしたくないお金を少しでも有利に預けておきたいと考えるのであれば、「個人向け国債」を使わない手はありません。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。