衣替え時におすすめ。古着を持ち込むとクーポンがもらえる

1

読了目安[ 3 分 ]

夏の衣替えは、クローゼットを見直すチャンスです。近藤麻理恵さんの「ときめき」お片づけが流行していますね。

あなたのクローゼットも「ときめく」洋服でいっぱいにしてみませんか? この記事では、アパレルブランド「H&M」が実施している古着回収サービスの概要と利用時の注意点をご紹介します。

1. H&Mの古着回収サービスとは?

アパレルブランド「H&M」が社会貢献として実施しているサービスです。古着を袋に詰めて、同店に持ち込むと、無料で回収してくれるというもの。

H&Mに限らず、どのブランドの服でも持ち込み可能で、さらに状態が悪くても引き取ってもらうことができます。対象となるのは「洋服」や「布製品」。布製品には、タオルやシーツなども含まれます。

2.持ち込みについて

では、どのように持ち込むのでしょうか? やり方はとてもシンプル。全国の「H&M」店舗に古着を持参するだけです。

その場で回収してもらうことができ、さらに同店の買い物に使える500円クーポンをもらえます。このクーポンでは、H&Mで3,000円以上の買い物をしたときに、好きな商品1点から500円割引してもらうことができます。

3. サービス利用時の注意点

サービス利用時に注意すべきことはあるのでしょうか? 3つの注意点をご紹介します。

そもそも店舗数が少ない

H&Mの店舗数は、全国で50店舗です(2015年7月現在)。四国など一部エリアにはそもそも店舗が存在しないケースもあります。ですから、この方法を利用できる方は、近隣にH&Mの店舗がある方に限られてしまいます。

2.持ち込めるものの内容に注意

上にも書きましたが、持ち込めるのは「洋服」と「布製品」です。そのため、タオルやシーツなどは持ち込み可能なのですが、アクセサリーや帽子などは引き取ってもらうことができません。

3.当日は使えない

また、クーポンは、持ち込んだ日当日に利用することはできません。翌日以降の買い物で利用できます。なお、クーポンには有効期限があるので注意が必要です。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。