独立・起業の強い味方!○○補助金とは?

読了目安[ 2 分 ]

「ビジネスプランはあるけど、資金がない・・・」
「ビジネスの立上げで、まとまったお金が必要・・・」

独立起業時は、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。今回はそんなときに使える補助金を紹介します!

それは「創業・第二創業促進補助金」と呼ばれるもので、

  • 独立起業する場合の「創業時」
  • 事業を引継ぎ、新分野へ進出する場合などの「第二創業時」

に活用できるものです。

創業時では、

  • ソフトウェア開発
  • アロマサロンの展開
  • 地域の素材を活かした飲食店の展開・・・

第二創業時では、

  • 自然食材のお店の開業
  • 販路開拓サポート
  • アジアへの輸出事業・・・

などが採択されています。実際に事例をみると、身近に感じられる事業もあるのではないでしょうか。中小機構のHPで採択の事例が紹介されていますので、興味ある人はチェックしてみて下さい。

それと、今回は補助金の申請のタイミングについて紹介します。

例えば、平成25年度補正予算事業の時は

  • 先行締切分:47.7% (採択数 761件/申請数 1593件)
  • 最終審査分:30.8% (2363件/7649件)

さらに過去の採択結果に遡ると、2014年度は、

  • 第1回一次締切:86.6% (13件/15件)
  • 第1回二次締切:82.9% (526件/634件)
  • 第2回一次締切:85.2% (196件/230件)
  • 第2回二次締切:74.8% (1724件/2302件)
  • 第3回一次締切:53.8% (1715件/3184件)
  • 第3回二次締切:27.2% (2125件/7800件)

となっています。上記からもわかりますが、採択率が大きく異なるため、早めの申請が狙い目といえます。

創業時の強い味方になる《創業・第二創業促進補助金》ですが、全ての人が対象になるわけではないので、注意が必要です。所在地により対象外となる場合もありますので、事前に公式ページをご確認下さい。

第一回の公募は終了してしまいましたが、再度募集される可能性があるので、前回紹介したGoogleアラートなどを活用しながらチェックしてみてくださいね。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。