もうすぐ夏休み!「お盆の金欠」を防ぐ帰省での節約ワザ!

読了目安[ 3 分 ]

もうすぐお盆休み!ふるさとに帰省するという方も多いかもしれません。

しかし、夏休み~お盆の時期は、各交通機関ともに繁忙期となり、運賃も高めに設定されています。なんとか節約して回避したいところですが、孫の顔を見るのを楽しみにしている老親を思い浮かべると、なんとしてでも帰省したいのが人情かもしれません。そこで、お盆時期の公共交通機関のチケットを安く抑える方法をお伝えします。

まず日程を抑える

「仕事の予定がわからない」「社内の夏休みの日程が発表されない」など、チケットの手配がぎりぎりになっていませんか。可能であれば、できるだけ早くスケジュールを確定させてしまうようにしましょう。早く行動すればするほど、安くチケットを手に入れる選択肢が増えます。

早割を使う

飛行機での帰省であれば、航空各社で設定されている早割を利用するのがもっとも確実です。ただし、ピークシーズンとなるお盆期間中は設定されていないこともあるので要注意。予約開始時期は航空会社によって異なりますので、こまめに確認して、一番早い時期にもっとも安く購入することが肝心です。

ツアーを利用する

ビジネスマンの出張用の航空券+ホテルがついたツアーを利用すると、航空券だけ購入するときよりも安くなることがあります。中には、最初の一泊だけ指定ホテルに宿泊し、残りは実家に泊まって数日後の便で帰宅するという方法ができるツアーもあります。ただ、お盆時期は国内で多くの企業が夏休みになるため、目的地によってはツアー自体が設定されていないこともあります。

子供たちだけで帰省させる

家族全員で帰省すると、それだけで交通費がかさんでしまいます。子どもがある程度大きくなっていたら、子どもだけ帰省させるのも一つの手です。
また、子どもだけの帰省にすることで、帰省先での家族総出のレジャーや、親戚づきあいでの出費なども回避できるかもしれません。
子どもだけで長旅させるのは心配かもしれません。ただ、「かわいい子には旅させろ」ともいいます。帰宅時には、一回り大きくなった姿が見られるかも。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。