リスク0で株主優待を受けるために必ず知っておかなければならない「逆日歩」とは?

読了目安[ 2 分 ]

前回は株主優待をリスク0で受け取る方法(クロス取引)をご紹介しましたが、これにはいくつか気をつけるべきポイントがあることもお話しました。

今回の記事ではあなたが気を付けなければならないポイントについてお話していきたいと思います。少しややこしいですが、ここをきちんと理解しておかないと大きな損をする恐れがあるので、必ず目を通して下さい。

あなたが株主優待をリスク0で受けるために、必ず気をつけなければならないポイントとはずばり「逆日歩」です。

逆日歩ってなんだ?と思われるかもしれませんが、これは株を空売りすることによって生まれる可能性がある手数料のようなものです。

逆日歩とは

もう少し詳しく逆日歩について解説します。
株を空売りするということはユーザが証券会社から株を借りている状態になります。証券会社は空売りする分の株を保有する必要があるのですが、空売りが多ければ、証券会社はユーザに貸し出す株がなくなってしまいます。

その結果、証券会社は証券金融会社というまた別のところから株を借りてきて、空売りする人たちに株を貸すというわけなのです。つまり証券会社は証券金融会社から株を借りるので、利子を払う必要が出てきます。そしてその利子を空売りする人たちに払わせようということなのです。

しかし、これにも実はこれにも抜け道があります。今から言うルールを守れば、本当にリスク0で株主優待を受けることができます。あらゆる豪華な優待を手数料と金利以外無料で、しかも安全に手に入れることができるのです。

その方法とは松井証券、カブドットコム証券、大和証券、岩井証券のいずれかの一般信用取引で空売りを行うという方法です。この方法であれば逆日歩の心配をすることなく、クロス取引をすることができます。

次の記事でより具体的に株主優待をリスク0で受ける方法をお話しますが、一般信用取引は証券金融会社を挟むことなく、投資家と証券会社での契約になります。なので逆日歩の原因となる証券金融会社は入らないので、逆日歩が生まれないというわけなのです。

少しややこしい説明になってしまいましたが、リスク0で株主優待を受けるためにも必ず押さえておきましょう!

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。