夏期講習って絶対必要?! 無理せず夏休みの学習を進めるには

3

読了目安[ 3 分 ]

夏休みになると気になるのが子どもの夏期講習。必ず通わせなくてはいけないものではありませんが、「●●ちゃんも行きはじめたよ!」なんて、周りの家庭の話を聞くと気が気でないのではないでしょうか。

また、いくら節約中とはいえ、子どもの教育費はできるだけ出してあげたいもの。しかし、ない袖はふれません。今回は、無理せずお得に子どもを夏期講習に通わせる節約ワザをお伝えします。

1.無料特典を見比べよう!
夏休み前の時期になると、新聞に学習塾のチラシがたくさん挟まれるようになります。それらのチラシを見て、特典を見比べましょう。
入会金無料、最初の一カ月無料……などいろいろな特典がある中で、なんと夏期講習が無料になる塾もあったりします。最近は塾の獲得競争が激化しているので、特典も年々豪華になっていく傾向にあるようです。入会は、夏休み前に済ませた方がお得です。

2.体験学習を利用する
塾の中には、数日~1週間の短期間で体験学習ができるところがあります。
こうした体験学習を利用するのも一つの方法です。あくまでも短期間のみですから、教えてほしいところが全て教われるわけではありません。ただ、体験学習の前には、入塾テストと、保護者の面談などもありますから、こうした機会を利用して、我が子は「どこが苦手なのか」「どういうふうに勉強を進めればいいのか」などの把握に利用しましょう。

3.思い切ってやめてしまう
普段から塾通いをしていて、きちんと勉強の習慣がついているお子さんなら、子どもの成績や進路と相談の上、思い切って費用のかかる夏期講習はやめてしまいましょう。
「夏期講習は受験の天王山」などといううたい文句や、他の家庭が夏期講習に通わせているなんて話を聞くと焦ってしまいますが、夏休みは子どもを休ませ、2学期に向けた英気を養わせるのも一つの手です。
ただし、塾にいかない場合は、せっかく身についている勉強の習慣をおろそかにしないためにも、親の監督のもと、自宅学習は行っておくほうがいいでしょう。

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。