なかなか節約できない「お付き合い」の出費、賢くお中元を贈る3つの方法!

読了目安[ 2 分 ]

夏と言えばお中元の季節。お世話になっている方に感謝の気持ちを贈りたいけれど、出費は痛い……そんな方も多いのでは?

また、節約中といえどもなかなか削りにくいのが、お中元などの人間関係にかかわる出費です。
費用削減のために、今年からお中元をやめます!
と割り切ってしまうのも、なかなか難しいものです。
今回は、そんな難しいお中元を上手に節約する方法を紹介します。

早割を使おう!

普段の買い物はスーパーやショッピングモールで済ませるという方も、お中元はデパートを利用するということも多いはず。
デパートの包み紙がモノをいう場面がまだまだ多くあります。
デパートによっては、早割を実施していることがあります。
お中元商戦が始まると、デパートも混雑して買い物するにもストレスがたまるもの。
早割を利用すれば、節約できるうえに、そうしたイライラともさよならできます。
ぎりぎりに購入するのではなく、キャンペーンを見かけたら、すぐに行動にうつすようにしましょう。

ふるさと小包を使おう!

郵便局のネットショップ「ふるさと小包」では、日本各地の名産品を購入できます。
松坂牛のすきやき肉や、浜名湖のうなぎ、岡山県の白桃など。
青果から肉類、お菓子、酒類、調味料、めん類まで、贈られる人の好みにあった品物が見つかるはず。
あらかじめ、カタログ・オンラインショッピングの表示価格に配送料が含まれており、別途かからないのもうれしいところです。

ネットで購入しよう!

自分で使うものや日常品はネット購入が多い昨今。お中元もオンラインで購入しましょう。
最近は、各大手デパートもオンラインショッピングを設けており、デパートまでの交通費をかけずに、家にいながらにして、デパートの包み紙のついたお中元を贈ることが可能です。
また、オンラインショッピングでの購入の場合、店頭よりも割り引きがされたり、配送料がサービスになることもありますので、そうした特典も要チェック!です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。