~円安ってなに?~【第2回】高橋先生の教えて経済ニュース

読了目安[ 1 分 ]

~円安ってなに?~

数年前に比べて、大きく円安が進んでいますが、円安は悪いことばかりではありません。

為替変動の短期的な要因としては、金利の動向が挙げられます。

金利の高い国の通貨を多くの人が持っていたいと思います。金利が今後上がっていく見通しが高まると、多くの人は低い国の通貨を売り、高い国の通貨を求めます。なので、この先アメリカは金利を引き上げるだろうと予想されているため、円安ドル高が進行する可能性が高いといえます。

円安が進むことによって輸入食品や、エネルギーの価格が高騰します。輸出企業であれば、円安が進むことによって業績の改善が見込まれます。外国人旅行者が増え、多くの消費をしてくれるので外国人向けの仕事をされている方にも円安はプラスに働くでしょう。

動画はこちら

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。