夏休み国内宿泊人気一番は富士山。県別ランキングをJTBが発表

読了目安[ 1 分 ]

株式会社JTBは、2015年夏休み(7月15日~8月31日)の国内宿泊インターネット予約状況を県別にまとめた。

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2014年度の訪日観光客は1,341万人で今年はさらに上回ると予測。

今年の特徴は訪日観光客に人気の県が上位にランクイン。1位は「富士山」のある「山梨」、2位は外国人日本人ともに人気の「京都」。日本三大祭りの祇園祭りや大文字焼きに川床料理など京都の夏は日本の夏の風物詩が集まり、五感で和を楽しむにはまさに打ってつけのエリアといえる。3位は「ハリーポッター」が加わりますます目が離せないユニーバーサルのある「大阪」が入った。以下4位「沖縄」5位「北海道」が続く。「東京」は「和歌山」の次の7位。8位「福岡」9位「千葉」10位「兵庫」。

参考|
国内旅行予約「るるぶトラベル」
リリース

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。