家電を安く購入するための3つのテクニック

読了目安[ 2 分 ]

進学、結婚…と人生の節目節目で必要になる家電。数年間使うものであるとはいえ、その出費は数万円~数十万円と高額になってしまいます。ここでは、家電を少しでも安く購入するための3つのテクニックをご紹介しましょう。

名刺に金額を書いてもらって比較

大手家電量販店の多くは、「他店より高い場合は交渉可能」というスタンスを取っています。逆に言うと、交渉せずに購入するのは損をするのと一緒です。

では、どうやって交渉すれば良いのでしょうか。まずはいくつかの店舗をピックアップします。そして実際に店舗を回って金額を確認。

その際は、接客をしてくれた担当者に名刺をもらい、金額を書いてもらうと後で比較するのに役立ちます。

大手家電量販店のアウトレット店舗を利用する

家電へのこだわりがあまりなければ、ビックカメラやヨドバシカメラなど、大手家電量販店のアウトレット店舗を利用するのも一つの方法です。

展示品として利用していたものや、型落ちした家電を販売しているため、通常の価格よりもお得に購入することができます。

ただし、商品はすべて現品限りですし、展示品として使用されていたため、傷や汚れ等がある場合も。それを踏まえた上での購入が必要になります。

リファービッシュ家電を探す

リファービッシュ家電(ジェネリック家電・メーカー再生品)も低価格で購入できる家電の一つです。

初期不良等で返却された商品を修理して、改めて販売したものを「リファービッシュ家電」といいます。一旦出荷したものの再販売であることから「中古品」扱いになります。

通常、中古品の家電にはメーカー保証がつきません。しかし、リファービッシュ家電の場合は一定期間、新品と同じようにメーカー保証がつく点が魅力です。その期間は3ヵ月~1年程度とものによって異なります。

一方、「リースアップ商品」は、同じくメーカー再生品であるものの、企業等にリースされていたものを整備しているもの。リファービッシュ品と異なり、すでに使い込まれていることから、コンディションに問題があるケースも。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。