保険のムダを省いて保険料を半額以下にする!

読了目安[ 2 分 ]

生命保険は何十年にもわたって保険料を払っていくものですから、少しでも安くしたいと思うのは当然のこと。今回ご紹介する保険料の節約法は、自動的にムダを減らしてくれる「収入保障保険」を活用する方法です。

保険のムダとは?

最初に、“保険のムダ”とはどういうことでしょうか。
保険には「必要保障額」という考え方があります。仮に、今亡くなったとして、遺族の一生分の「支出」から「収入」と「現在の貯蓄額」を引いた金額を必要保障額といい、保険金の目安となる金額です(“一生分とは”、配偶者が90歳になるまでなど)。
たとえば、亡くなった時に配偶者が30歳なら、90歳までの60年分としますが、10年後の40歳なら50年分。将来、家族が増えたりしなければ、必要保障額は“今現在”が一番多く、年々減っていくもの。そして、それに合わせて保険金額も徐々に減らすことができるのです。

この必要保障額よりも多額の保険に入っていると、ムダな保険料を払うことになります。たとえば、保険金額がずっと変わらない保険(定期保険)に加入して、そのまま見直さずにいるとムダが発生しがちです。とはいえ、つい見直しが面倒だったり、忘れたりすることはよくあること。その点、自動的に保障額を減らしてくれる収入保障保険は、使い勝手がいい保険です。

自動的に保障額を減らしてくれる収入保障保険

では、どのように“自動的に減る”のでしょうか。
収入保障保険は、万一のことがあると、保険金を毎月など小分けにして、決められた年齢まで継続的に受け取り取ることができる保険です(下記の例では60歳まで、毎月10万円)。

30歳の人が保険に加入して、すぐに亡くなると、遺族は毎月10万円ずつ、年間120万円を60歳までの30年間受け取れます(総額:10万円×12カ月×30年=3600万円)。10年後の40歳なら20年間しか受け取れないので2400万円。このように、収入保障保険は徐々に受け取る回数が減り、保険金の総額が減っていくため、また、数年に渡って受け取るため、保険料は割安になっています。定期保険に比べて、保険料は半分以下です(保険期間が同じ場合)。また、お給料のように毎月一定額ずつもらうことで、遺された家族は計画的に使えるメリットもあります。

収入保障保険は、いろいろな保険会社が販売しており、インターネットで申し込める会社もあります。いくらにするかは、【現在の必要保障額÷退職年齢÷12】または、【現在のお給料-遺族年金-配偶者の収入】(月額)がひとつの目安になります。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。