高いペットの治療費にどうやって備える?

読了目安[ 3 分 ]

浅田真央ちゃんをはじめ、多くの芸能人が飼っているトイ・プードルがペット犬人気No.1。

その他、チワワやミニチュア・ダックスフンド、柴犬など、小型犬が上位にランキングされていますが、「やっぱりウチのコが一番かわいい!」と思っている人も多いでしょう。いつも癒してくれるペットが、元気がなかったり、ケガをしたりすれば、わが子と同様に心配で、「早く病院に連れて行かなきゃ!」となるに違いありません。そこで、動物病院に行って気づくのは、“人間よりお金がかかる”ということ。

人間の場合、公的な制度があるので、健康保険が使える診療なら、同じ治療は国が決める一律の金額ですし、自己負担は3割です(日本の場合)。一方、動物病院はそれぞれが自由に料金を決めるため、診察料や入院、手術代は高くなりがち。そして、全額を自己負担しなければなりません。

ペット保険のススメ

そこで、考えたいのがペット保険。一般的に犬とネコの治療費を補償する保険で、毎月数千円程度の保険料で、動物病院でかかった治療費の一部をカバー。1年更新のため一般的に保険料は毎年アップしますが、原則生きている限り補償してくれます。かかった治療費に対して保険がカバーする割合(支払割合)は、50%、70%、90%などが一般的。保険金の支払対象が、手術と入院のみに限られる場合や、通院までカバーするなど違いがありますので、そこはしっかりチェック。できだけ保険でカバーしたいなら、保険料は少し高くなりますが、支払割合が高く、通院もカバーされるものを選ぶとよいでしょう。

予防接種や健康診断、去勢、避妊手術が対象外なのはどの商品も共通ですが、他にも商品によって対象とならない治療や、回数や日数などの制限に違いがあるため、事前に確認が必要です。また、継続時に健康状態を問われるかどうかや、年齢が上がった時の保険料、保険金の請求方法(治療費の立て替えの有無)などもチェックしておきましょう。

なお、いずれの保険にも、ペットが他人や他のペットにケガをさせたり、持ち物を壊した場合に補償してくれる「ペット賠償責任特約」を月100円の保険料で付けることができます。

人間の医療保険などと同じで、ペット保険も健康でなければ入れません。犬やネコも年齢が上がると病気やゲガが多くなり、加入が難しくなりますので、加入するなら早めに検討しましょう。Webからの申し込みがお得です。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。