ちょっとの手間でバイクまわりの節約が可能に!

読了目安[ 2 分 ]

バイク購入時の節約のコツは「よく調べる」こと

モノの価格には2種類があります。業界が設定した固定の金額(書籍やCDなど)で販売しなければならないものと、店舗で販売価格を決められるものです。バイクには、一応メーカー推奨金額がありますが、店舗ごとに販売価格が異なります。

新品を購入するのでしたら、近くの販売店に加え、インターネットで最安値を探してみましょう。しかし、インターネットで検索し、購入する場合、本体価格が安いのに、「名義登録」や「納車手数料」などが高額だという場合があります。そういった場合は、しり込みせずにインターネットの店舗であろうとメールや電話をして積極的にコミュニケーションをとりましょう。不明点をすべて取り除き、しっかりと節約を意識して店舗を決めることが大事です。

上のことは、インターネットの個人販売においても同様のことが言えます。バイク本体購入にかかるあらゆる金額を把握してから購入しないと、個人の場合は店舗での購入よりもトラブルが多くなりますので気をつけましょう。

整備を自分で行うことで年間約1万円の節約になる

バイクの整備や修理には非常に多くの金額がかかるケースがあります。バッテリーやブレーキパッドなど、割高な部品部分は安価で購入するために徹底的に調べましょう。

ちなみに、通常、自動車であれば4000円以内で済みますが、バイクの場合は7000~12000円程度かかります。交換時期は車とほぼ同様。ブレーキパッドも2000~5000円程度ですが、自動車と比べると、交換時期が10000キロと交換周期が短いため、割高な部品です。

その他の消耗品に関しても、バイクの場合、自動車に比べると交換時期が早く訪れます。そのつど、整備を自分でしっかりと行うことで、適宜節約をすることができるのです。

一般的な点検量を年2万円程度とすると、自身で行うことで半額程度には節約できますで、ぜひ実践してみましょう。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。