そのローンプランは危険?!月々の返済額に騙されるな!

1

読了目安[ 3 分 ]

モデルハウスやモデルルームを訪れ、欲しい家(部屋)が絞られてくると、営業担当の方が「これまでの家賃と変わらない負担でマイホームが買えますよ」
といいながら、ローンプランを提示してくれます。

そのとき、皆さんが真っ先に確認するのは、月々の返済額でしょう。
「ふむふむ。これなら買えそうだ」と思うかもしれません。
でもちょっと待って!
他にも重要なチェックポイントがあるのです。

まずは、<返済期間>を確認してください。
営業担当者が提示するローンプランでは、通常、「35年」の返済期間で試算しています。
これは一般的なローンが組める最長期間。
期間を長くすればするほど、月々の返済額が少なくなるので、買い手にとってはハードルが低く感じられるため、最初は35年で提示するのです。

そこで、ローンをメインで組む人(一家の大黒柱)の年齢に35年を足して、何歳まで返済することになるのか確認しましょう。
もし35歳なら、70歳までローンを払い続けることになります。
現在の制度では、一般的な企業の定年は65歳。従って、その後は年金の中からローンを払っていくことになります。退職金で一括返済することもできますが、老後は厳しくなるでしょう。
そこで、できれば65歳までに完済できるように返済期間を設定するのが理想です。

返済期間を短くすると、月々の返済負担は重くなりますが、総返済額は少なくなります。

表をご覧ください。

返済期間は1年刻みで設定できますが、たとえば35年と33年では、月4千円ほど多く返すだけで、総返済額が70万円以上も減らせるのです! 4千円なら、ちょっとした節約で捻出することができますよね。

2つ目のチェックポイントは<ボーナス返済>です。
ボーナス返済を併用すると、月々の返済額は少なくてすみます。しかし、ボーナスは会社の業績や景気の影響を受けやすいので、アテにしすぎてはいけません。特に現在のような景気回復期にはボーナスが増えるため、気持ちが大きくなりがちなので、要注意! 
住宅ローンは、この先30年とか35年といった長期にわたって返済していくもの。どのような経済状況であろうと返済し続けなければならないので、ボーナス返済は利用しないか、せいぜい2~3割までに抑えるようにしましょう。
もしボーナスがたくさんもらえたら、「繰上げ返済」にまわせばいいのです。

3つめのポイントは<ローンの種類>ですが、これについては次回改めてご紹介することにしましょう。

2015.6.30更新

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。