「できない上司」に感謝してスキルアップ&ぶっちぎれ!

1

読了目安[ 3 分 ]

『ぶっちぎり社員育成塾』第6話。

「上司ができないやつだ!」そう思うことありませんか?

僕は結構ありました・・・・。

  • 上司がもっと僕を活かしてくれれば・・・・。
  • 上司がもっと理解してくれれば・・・・。
  • 上司がもっと仕事が出来れば早いのに・・・・。

って、思ってた。

「できない上司」の方が良い?

数年間考えた結果、上司はできない人の方が良いと思うようになったんですね。
何故なら、上司ができない人だったら、自分ができるのが目立つから。
だから、上司はできないで良いんです。
上司が、自分と同じ長所を持ってる人だとする。そうなると、自分は目立ちにくい。上司の方が経験はあるし、周囲からの信用がある。
その中で、同じ属性の自分が、多少出来ても目立たない訳です。

「できない上司」のメリット

上司ができないってことは、自分ができる人じゃないといけない。
仕事をうまく行かせようとすると、できない上司の対応をしつつ、自分が動いて成功させないといけない。
部下の自分が、上司をコントロールすることと、仕事を円滑に運ぶことをやらないといけない。

「いけない」って言うと、あまり良い印象じゃないかもしれません。
でも、そのおかげで、鍛えられるんですね。
それって超お得。(笑)上司ができないと、できる自分が目立つし、同時に鍛えられる状態でもあるんだから。
上司になったら、いろいろ大変なことがある。部下のうちに、上司のコントロールまで身に付けることができたら、部下が出来て育成する時の訓練になる。

「できる上司」の方がデメリットが多い?

逆に、上司ができる人だったらどうでしょう?
その場合、自分が「活躍してる感」を感じにくい。上司が、仕事ができて、自分で動くタイプだったら、仕事を任せてくれるチャンスが少ない。

そうすると、仕事はスピードを増すかもし知れないし、成果を出せるかも知れない。
でも、それってどうでしょう?「上司が仕事ができない」って悩んでた時より、あまりプラスになってないと思うんです。
もしかしたら、「上司ができる人で困る」って言い出すかも。(笑)

「できない上司」に当たったらラッキーだと思え!

ぶっちぎり社員になる為には、「上司ができないやつだ!」で困るより「上司ができないやつでラッキーだ」って思った方が良い。
その方が自己成長出来る。

「上司ができないやつで困ってる」ってあなたは、その上司の悪いところを見るのをやめよう。
上司が出来ないことによって、自分が得ているモノに注力しよう。
今すぐノートに得られているモノを3つ書いてみよう。で、それに感謝してスキルアップしよう。

その方がぶっちぎりになる可能性は高いから。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。