見聞きした情報からでも成功確率を高めてぶっちぎろう!

1

読了目安[ 3 分 ]

『ぶっちぎり社員育成塾』第5話。

成功確率って考えたことありますか?

普通はあまり考えないですよね。でも、意外と大事な考え方だったりします。
企業は3年もたないところが多い。10年はなかなか優秀。30年となると、かなり優秀です。
ということは、普通にやってると、失敗する可能性が高いということです。

どういうことかと言うと、世の中で流通してる情報・考え方は成功の種ではない可能性が高いということです。

世の中に落ちてる情報では99%失敗する!

世の中の情報通りやってるとする。もし、それが成功する考え方だとしたら、全員が成功することになる。
ってことは、世の中に落ちてる情報は、失敗の種かも知れない。
僕は、世の中に落ちてる情報で、成功に直結するものは1%ぐらいだと思ってます。
それだと低いですかね?でも、実際はそんなものじゃないかと思うんです。

なぜ世の中に出てきた情報では成功できないの?

世の中にある情報は、情報になってる段階で古い。
誰かが成功した方法が形となって流れる。
で、それが一般社会に流通するまでに時間がかかる。時間がかかるということは、誰もが知ってる情報は価値が低くなってるということが言えるんですね。

では、新しい情報が大丈夫か?新しい情報も怪しい。
新しいから、サンプル数が少ない。
少ないってことは、再現性が低い可能性があると言えます。

あとは、わかってて、嘘の情報を流す人がいる。
それを掴むと、当たり前のように失敗します。嘘ですからね・・・・・。

そうなる原因は、『思考しない』という点です。その辺に落ちてる失敗しやすい情報を鵜呑みにする。
この業界はもうダメなんじゃないかと思い込む。そういった感じ。
ダメと思いこむのも、情報を鵜呑みにするのも、思考してないのと同じです。

でも情報は世の中から得るのに・・・どうしたら良い?

どうしたら良いか?

有効である情報が1%かも知れないけど、あるということを信じる。
もし、それが世の中にないとしたら自分で生み出す。生み出す意図がないと、生み出すことは不可能です。
ぶっちぎり社員たるもの、世の中にある有益な情報をキャッチし、自分なりに加工する。
で、ぶっちぎりの成果を出す。そういうことです。

道は必ずあることを意図して、思考を止めないようにしましょう。それが成功確率を高める方法です。

若手育成コンサルタントによる「社員育成塾」

同じカテゴリの記事 この著者の記事を表示

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。