飛行機を安く利用するための3つのテクニック

読了目安[ 2 分 ]

LCCを利用すると運賃は大手の3~7割安くなる

格安航空会社を利用すると、大手航空会社と比較して3~7割安い程度の運賃で飛行機を利用することができます。東京~大阪間の利用では、大手航空会社と比べて約2万円の節約となります。

LCC(ローコストキャリア)呼ばれるもので、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンなどの航空会社がそうです。

LCCでは、機内食や荷物の預かりなど従来無料で提供されていたサービスを有料化したり、客室乗務員が接客サービス以外の業務もこなして人件費を節約するなど、コストを切り詰めることで運賃を安く提供しています。

そのため、利用時には「これまで利用してきた飛行機とは違う」という認識を持っておくことも大切です。

早めの予約で節約(JAL編)

JALでは、さまざまな「先得割引」を用意しています。出発日の何日前に予約するかによって異なります。

ウルトラ先得は75日前までの予約で最も安くなります。東京~大阪間の片道運賃が8,900円~1万3,100円程度。

以下、55日前までの「スーパー先得」、45日前までの「先得割引タイプB」と続き、もっとも直近の先得割引には「先得割引タイプA」があります。こちらは同区間が9,500円~1万5,000円となります。

なお、通常の片道運賃は約2万5,000円程度。ウルトラ先得で最大1万6,000円程度、先得割引タイプAでも最大1万5,500円程度の節約が可能となります。

早めの予約で節約(ANA編)

同じように、ANAにも「旅割」があります。こちらも出発日の何日前に予約するかで異なります。

「旅割75」「旅割60」「旅割45」「旅割28」「旅割21」の5種類。JALと比較するともう少し直近の「旅割21」があるため、予約時期を見て航空会社を選ぶというのも1つの方法ではないでしょうか。

なお、こちらは料金の記載がなかったため、詳細は省略しています。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。