投資信託は自分のリスク許容度をしっかり掴んでから始めたい

読了目安[ 2 分 ]

ボーナスシーズン。しかし、貯めること・増やすことに取り組んでいかないと、せっかくのボーナスもいつの間にか無くなってしまいます。今回は、投資初心者が取り組みやすい “投資信託”をどのような視点で選ぶのかご紹介しましょう。

投資信託の選び方

まず、リスクのある金融商品とつきあう際に最も重要なのは、一時的に値下がりした場合に、どこまでの損失に耐えられるかです。これを「リスク許容度」といいます。
リスク許容度はさまざまな要素に左右されますが、年齢などを勘案して、運用期間がどれだけ確保できるかといった視点が重要です。20、30代であれば運用期間が長く取れること、またこれから働いてお金を稼ぐことができる期間も長い(人的資産が大きい)ので、高いリスクに耐えられるでしょう。仮に運用が上手くいかなかった場合でも挽回のチャンスがたくさんあるわけです。

一方50、60代になると、損失が生じた場合に挽回することが難しくなります。損をまきかえそうと焦り、ハイリスク・ハイリターンの投資を続けると、さらに損失を膨らませることにもなりかねません。

運用期間の他にも、もっている資産の額、投資経験・運用知識などもリスク許容度に関係があります。若い世代であっても、投資初心者や金融・経済に馴染みがない人には、高いリスクを取ることはお勧めできません。また、将来の収入に不安がある人や、貯蓄が少ない人もリスク許容度は低いといえるでしょう。では、数千本もある投資信託の中で、自分のリスク許容度に合ったものはどうやって探せばいいのでしょう。最も簡単な判断の仕方は、その投資信託の中に占める株式の割合を見ることです。株の割合が高いほど、利益が大きくなる可能性が高い代わりに、リスクも大きくなります。

では、債券ならリスクが低いのかというと、一概にそうとはいえません。海外に投資するものは為替リスクも引き受けることになりますのでその分リスクが高くなりますし、ハイイールドといって格付け(信用度)が低い債券に投資する投信信託はハイリスク・ハイリターンの商品です。先進国と新興国では、成長著しい新興国のほうが値動きは大きくなります。

自分のリスク許容度と投資信託のリスクの大きさを照らし合わせて、賢い商品選びをしてください。

同じカテゴリの記事

コメントを残す

  • コメント欄には個人情報を入力しないようにしてください。

  • 入力いただいたメールアドレスは公開されませんがサーバーに保存されます。
  • 入力いただいた情報の他に、IPアドレスを取得させていただきます。取得した IPアドレス はスパム・荒らしコメント対処ために利用され、公開することはありません。